Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

RICK DERRINGER

RICK DERRINGER (US/米)

#1032 / ALL AMERICAN BOY / 1973

★★★★

Rick Derringer all american boy (320x320)

佳作ファーストソロです。ギターとヴォーカルとオルガンを担当し、早くもマルチプレーヤー振りを発揮しております。エドガー・ウインター(Key)、ボビー・コールドウェル(Ds)、ジョー・ウォルシュ(G)、スージーQ(B)という有名どころがバックアップ。とりあえず、有名な“Rock and Roll, Hoochie Koo”なんだね。SUZI QUATROからSuperflyまで色んなアーチストがカバーしている定番なのです。2曲目のインストは凄いです。間違いなくこの時代のギターヒーローの1人でした。その他ERIC CLAPTON路線のカントリーロックもあり。あとはトリの“Jump, Jump, Jump”のようなシンガーソングライター系の洒落たポップスですね。一般的なギタリストのソロアルバムとは一味違います。そこにアメリカ人の明るさが加わってる感じ。ジャケも脳天気だ(笑) リック・エメットはカナディアンですが同じ空気を感じます。どっちもリックだし。歌声もいいね。AEROSMITHが演りそうなアメリカンロック曲では線の細いスティーブン・タイラーみたいに聴こえたりする。アルバムの1/3を占めるポップス曲の歌メロは高品質でいい雰囲気を出してるのですが…溢れ出るアイデアを詰め込み過ぎた感は否めない。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional