Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

映画の小部屋

不定期に紹介する1本

ロシュフォールの恋人たち / Les Demoiselles de Rochefort

1967年 / フランス

ロシュフォールの恋人たち (319x450)
監督/脚本:ジャック・ドゥミ
原案:アンソニー・マクカーテンほか
撮影:ギスラン・クロケ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーブ
     フランソワーズ・ドルレアック
      ジーン・ケリー
      ジョージ・チャキリス
      ジャック・ペラン 
      ダニエル・ダリュー
      ミシェル・ピコリほか

ミシェル・ルグランが亡くなったということで…「シェルブールの雨傘」はすでに紹介してしまったので、その続編ともいえる(ドゥミ、ルグラン、ドヌーブのチーム)本作をチョイスしました。今回もミュージカル作品です。冒頭の“キャラバンの到着”は車のCMや聖子ちゃん& KYON2共演CMで有名なあの曲。カトリーヌ&フランソワーズ姉妹の初共演作品となりました。設定は双子の美人姉妹。共演人も豪華で、なんとアメリカからジーン・ケリーとジョージ・チャキリスが招聘されました。「雨に唄えば」と「ウエストサイド物語」ですよ。これだけでも相当な予算でしょうね。ストーリーの核は双子姉妹と母親の恋愛ですが、町のお祭りの前後数日間の中で複雑に絡み合って描かれており、古い映画にしては結構よくできている。舞台は今回も港町。カラフルな映像と相俟って、とても楽しい作品です。これならミュージカルもアリって感じ。ドヌーブに関しては「シェルブール」から3年経ち、あどけなさはなくなり、美少女から美女の領域に入ってます。ドルレアックは本作公開直後、交通事故により25歳で亡くなってしまいます。一方で母親役のダニエル・ダリューさんは2017年に100歳の大往生。ちなみに劇中ドヌーブの相手役を演じるジャック・ペランは「ニューシネマ・パラダイス」の大人になったトト役の人です。

BackNumber

邦題  年代別



total 1840 today 1 yesterday 0


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional