Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

音楽の小部屋

今日の1枚 No.1650

HEAVEN AND EARTH / STUART SMITH

1999年(アメリカ)好き度4

Stuart Smith heaven and earth (320x309)

B誌にレビューが載った時はスルーして、その後縁あってCDショップで見本盤を頂きました。そしたらこれがなかなかの掘り出し物じゃないか。70年代テイストが溢れている点が一番のツボ。ドラム以外は何でもこなすマルチプレイヤーにしてスタジオミュージシャンだそうです。リッチー・ブラックモア大好き系ギタリストで、本人にギターを教わったこともあるとか。「リッチーに捧げる」の文言の他、リッチーのクレジット部分には「friend, inspiration, and teacher」とある。ジャケも中ジャケもリッチー臭がプンプン。DEEP PURPLEのグレン・ヒューズとRAINBOWのジョー・リン・ターナーがゲストってのもリッチー愛に溢れている。てか招聘できる時点で結構凄い人なんだけども…予定さえ合えばキース・エマーソンまで呼べたらしい。その他のゲスト陣は、ケリー・ハンセン、リッチー・サンボラ(親戚らしい)、ポール・ショーティノ、ハワード・リース、カーマイン・アピス、マイク・テラーナ、チャック・ライトなど。56年生まれだから、70年代ハードロックで青春時代を過ごしていると思われるほぼ同世代の人。あからさまに80年代RAINBOWみたいな楽曲もあるけれど、それがメインではない。DEEP PURPLEのカバー、バッハのコーラル(素晴らしいインスト)、アコギのインスト(クラシックギター出身なので使用頻度高し)、ベンチャーズでお馴染みのインスト等バラエティ豊富。グレン・ヒューズは流石に上手いし、ジョー・リンはいい曲を割り当てられたね。特に縛り首の木について歌った#8は、わかりやすいメロが絶品です。現在に至るまで知名度は低めのギタリストですが、ドン・フェルダーの後釜としてEAGLESで活動中らしいよ。



BACKNUMBER

バンド名検索

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z  その他

年代別検索

1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018

レビュー順(利きジャケ)

No.1~100 101~200 201~300 301~400 401~500 501~600 601~700 701~800 801~900 901~1000 1001~1100 1101~1200 1201~1300 1301~1400 1401~1500 1501~1600 1601~1700

極好盤

今までの訪問者数合計6573人
昨日8人
今日1人
現在の訪問者数1人

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional