Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

AEROSMITH

AEROSMITH(US/米)

#3 / ROCKS / 1976

★★★★★★★★

Aerosmith Rocks (320x320)

個人的洋楽史(ロック編)でQUEENとKISSに続くのは、ちょっと毛色が違うと思うかもしれませんがAEROSMITHなんですね。これまた文句なしのロック史に残る名盤中の名盤!アルバムタイトル及びそれを表現したジャケも秀逸な捨て曲ナシの必殺4thですよ。もちろんリアルタイムってのも要因の一つですが…ハードロックへの入り口はDEEP PURPLELED ZEPPELINではなくアイドル系でした。アイドル系?そう。Visual系という言葉も無かったこの時代、フレディ・マーキュリーもポール・スタンレーもスティーブン・タイラーも個々の音楽性とは無関係に全員アイドル扱いだったのだ!大判の写真集なんかついつい買ってたもの(探せばまだどこかにあるかもしれない)。このアイドル扱いのバンドたちを経由した後、高校入学&バンド結成を機に幅広く聴きまくることになるのでした。さてこの名盤…“バック・イン・ザ・サドル”で掴みはOK!スティーブン凄え!と誰しも思うことでしょう。“地下室のドブねずみ”のスピード感とひとり掛け合いヴォーカルも最高だ。ハミルトン作の“シック・アズ・ア・ドッグ”は次作への架け橋?でラストを飾る名バラードの“ホーム・トゥナイト”で留めの一撃と。“Dream On”同様、ここでもヴォーカルが泣いておりますな。かくしてエアロスミスはアメリカンロックの頂点に!偶然ではありますが、ここまで紹介したQUEENの「オペラ座の夜」、KISSの「地獄の軍団」、そしてこのアルバと、すべてが4thという偶然。BLACK SABBATHのVol.4」やRED ZEPPELINの「Ⅳ」やDEEP PURPLEの「IN ROCK」やURIAH HEEPの「悪魔と魔法使い」やSCORPIONSの「VIRGIN KILLER」など…これはもう偶然ではなく4枚目伝説と言ってもいいかも知れませんね。



#118 / DRAW THE LINE / 1977

★★★★★

Aerosmith draw the line (309x320)

エアロスミスは「ROCKS」が最高傑作だと思う。この意見に一切揺るぎはございません。じゃあ第2位は?これは悩む。「TOYS IN THE ATTIC」もいいのだけれど、スティーブン・タイラーの本領が発揮される名バラード(例えば“DREAM ON”や“HOME TONIGHT”)が入っていてほしいのだ。ということで、ちょっと地味ではあるけれど、高校時代の想い出込み(結局想い出かよ!)でこのアルバムを選んでみました。とは言うものの実は“Draw the Line”と“Kings and Queens”以外ほとんど聴かなかったけどね。やっぱリアルタイムなアルバムは付加価値があるんだな。このアルバムに関しては、高校時代ヒロヤンが別団体(フォーク部)の別バンド(SEASONAL WIND)でコピーしていたのが懐かしいね。「キンザンクィンザン…♪」と熱唱してた。ちなみにそのバンドには喫煙で謹慎になったO君も所属してました。ついでにO君が使っていたギターはGRECO EG-600(ピーター・フランプトン・モデル)でした。



#397 / TOYS IN THE ATTIC / 1975

★★★★

Aerosmith toys in the attic (320x320)

「踊るさんま御殿」でもお馴染みの“Walk This Way”やライブの定番“Sweet Emotion”を収録した3rdアルバム「闇夜のへヴィ・ロック」です。(前者に関しては元々ヴォーカルがラップ調だっただけに、後にRUN- D.M.C.とコラボしてたよね。あのPVは面白かった)翌年にあのロック史に残る大傑作「ROCKS」が生み出されるだけにコレも外せないわけですが、ぶっちゃけ前出曲とタイトル曲以外はそれほど聴かなかったんだね。リアルタイムじゃなかったのが大きいと思う。先に「ROCKS」を聴いちゃったらさ、そうなっちゃうよね~。全盛期の作品はジャック・ダグラスがプロデュースしてますな。それでは知ってそうで知らないメンバー紹介(笑) ブラッド・ウィットフォード(G) トム・ハミルトン(B) ジョーイ・クレイマー(Ds) でございます。メイン・ソングライターは当然スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーですが、他のメンバーもちょいちょい作曲してるからね。覚えておこう。



#601 / AEROSMITH / 1973

★★★★

Aerosmith (320x320)

デビューアルバム「野獣生誕」です。すでにキャリアのあるスティーヴンがほとんど一人で作曲しております。もちろんリアルタイムじゃありません。小5じゃ買わないよな。興味もないし金もない。つーか知らない。専らアニソンや歌謡曲を聴いてたよね。洋楽は中学生になってから。そしてエアロの入り口は…エアチェック中心だったから単品で“Dream On”くらいは知ってたかもしれないけど…やっぱり「ROCKS」だったと思う。ただ「ROCKS」に関しても最初はエアチェックかな。リアルタイムな作品だと特集が組まれてほぼアルバム丸ごとオンエアなんてこともあったから重宝しました。録り逃すまいと必死だったな(笑) このデビューアルバムは高校時代に中古レコードを買ったよ。名曲“Dream on”が収録されてるからね。個人的には“Mama Kin”も懐かしい…と感じるのは、コレもエアチェックで録って聴いてたからだと思われます。



#861 / GET YOUR WINGS / 1974

★★★★

Aerosmith get your wings (320x320)

2ndアルバム「飛べ!エアロスミス」です。まあそのまんまですが1stと3rdの中間って感じの音です(笑)ダイヤモンドの原石感バリバリ。古臭さが素敵です。各楽器の音が良く聴こえるっていいよね。ライブの定番曲なども含まれているので聴いて損はないでしょう。個人的には“S.O.S.”と“Train Kept A-Rollin’”が思い出深いね。前者はふつうに歌メロが好き。後者はもちろんFOGHATのアレですね。ただしアレを先に聴いてしまうとオリジナルが霞んでしまうから…あのLIVE盤の名演は別物として捉えないと。というわけで“Honey Hush”を先に聴くのは禁止します。“レモンティー”なら先に聴いても問題ない…というか聴かなくても問題ないか(笑)



#1003 / GREATEST HITS / 1980

★★★★★

Aerosmith greatest hits (320x320)

第1期(という言い方があるのかどうか知りませんが)を簡便に知ることができるファースト・ベスト盤です。全10曲でも個人的には満足です。喰い足りない人は2004年のリ・イシューをどうぞ。+7曲です。リマスターされてるなら迷わずコッチだね。ちなみに右のジャケはその2004年のやつ。さて中身は…デビューアルバムからはもちろん“Dream On”をチョイス。「GET YOUR WINGS」から1曲。「TOYS IN THE ATTIC」と「ROCKS」と「DRAW THE LINE」からそれぞれ2曲ずつ収録。あとはビートルズのカバー“Come Together”だね。いいカバーに仕上がってます。ラストもカバー曲“Remember(Walk in the Sand)”なんだけど、コレもいい。エンディングに相応しい選曲だと思います。さあ、好みの曲があったら収録アルバムを聴いてみようか。



#1153 / LIVE!BOOTLEG / 1978

★★★★

Aerosmith live bootleg (320x320)

初ライブアルバム。ただし色んなライブ音源が混じってます。「DRAW THE LINE」の翌年リリースだから個人的にはコレがリアルタイム。スティーブン・タイラーの若々しい声が聴けます。オープニングの“Back in the Saddle”で掴みはOK。“Sweet Emotion”に“Toys in the Attic”に“Last Child”等が続き、カバー曲“Come Together”が登場。で“Walk This Way”と“Sick as a Dog”と“Dream On”の3連発!古い所で“Mama Kin”と“S.O.S.”を演りまして…ダメ押しの“Train Kept A-Rollin’”で終了。もはやベスト盤だね。スティーブンの声が出てるから細かいことは気にしませんが…ジョー・ペリーが下手だ。後の「CLASSICS LIVE」はスティーブンが不調だし…一体どうなってんのよ!? ジャック・ダグラスがプロデュースしても無理なものは無理だ。JUDAS PRIESTのライブみたいに差し替えてもいいから、この時代のもっと出来のいいライブを望みます。



#1154 / CLASSICS LIVE COMPLETE / 1998

★★★★

Aerosmith classics live complete (320x318)

86年と87年にそれぞれリリースされたライブ盤をくっつけたコンプリート盤です。しかし…何故このテイクなのか?スティーブン・タイラーの調子がイマイチなんですけど~。New Year’s Eveのリユニオンという特別なライブがそれほど貴重なモノなのか!どうせ他のライブも混ざってるんだからさあ、わざわざ出来が悪いのを収録しなくても…選曲はバッチリなだけに納得できないぞ。“Train Kept A-Rollin’”と“Kings and Queens”と“Sweet Emotion”と“Dream On”と“Mama Kin”の冒頭5曲でしょ。あと“Back in the Saddle”と“Walk This Way”ね。更に“Draw the Line”と“Last Child”と“Let the Music Do the Talking”と“Toys in the Attic”でおしまい。特に酷いのは“バック・イン・ザ・サドル”の最後ね。ズッコケましたよ。※全盛期のブートレグDVDを購入してみた。音質を気にしなければかなり楽しめる。画質は悪くても映像付きだもの。わが青春のKISSやQUEENも同時購入してみましたが…概ね素晴らしい。ブートを侮るべからず。



#1235 / GET A GRIP / 1993

★★★★

Aerosmith get a grip (320x320)

初の全米1位を獲得した11thアルバムです。外部ライターとの共作が功を奏したようです。ずいぶん遅れてしまったけれど、妹分のHEARTを真似たかな。おかげさまで曲のクオリティは高くサウンドプロダクションも流石のメジャー級に仕上がってるね。しかもエアロスミスらしさも残ってる。“Eat the Rich”のイントロリフは“Train Kept a Rollin’”みたいでギョッとしたけどね、聴き進んでいくうちに些末な事だと思えてしまうほどの充実ぶりなのだよ。グラミー賞を受賞した“Livin’ on the Edge”が好きですな。“Amazing”の歌メロも良い。衰え知らずのスティーブン最高!でもバラード系ばかり歌ってちゃダメだぞ。オーラスのインストがイマイチ評判良くないけど、アルバムの構成としてはアリだと思います。ラップ調のイントロに対するプログレッシブなアウトロってことで成立してるんじゃない?バンド史上ナンバーワンの呼び声が高いアルバムのようですが「ROCKS」世代には少々違和感があるかもね。コレが失敗の始まりって説もありますな。外部ライターの導入はバンド崩壊の序曲か!?



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional