Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

JEFF BECK

JEFF BECK(UK/英)

#49 / BLOW BY BLOW / 1975

★★★★★

Jeff Beck blow by blow (320x320)

孤高のドラマーがCOZY POWELLなら、孤高のギタリストはこの人でしょう。どことなく顔も似てるしね(笑) ジミー・ペイジ、ERIC CLAPTONYARDBIRDS組と合わせて3大ギタリストと呼ばれています。後に三者三様のフィールドで活躍するんですね。レジェンドですよ。ダンカンJBは現在も使われまくってるPUだよね。あと凄いのが指弾き!カッコいい。とりあえずイチオシは…名曲“哀しみの恋人たち(スティーヴィー・ワンダーが作曲したんだよ)”収録のコレにしておきましょうか。ギターキッズなら誰でも知っている超有名曲ですね。コレはマストですぞ。ヤードバーズからジェフ・ベック・グループを経てベック、ボガート&アピスが自然消滅したのは74年のことでした。で、この「ギター殺人者の凱旋」です。マハヴィシュヌ・オーケストラのジャズ・ロック的な音楽にハマったゆえの方向性らしいですが、そこまで変則的なことは演ってないから聴きやすい。いい塩梅に大衆的なインスト作品です。BEATLESの“She’s a Woman”を取り上げちゃったりしてるもの。



#237 / WIRED / 1976

★★★★★

Jeff Beck wired (320x320)

「BLOW BY BLOW」後スタンリー・クラークのアルバムに参加したことにより、ジャズロックやフュージョンロックへの衝動を抑えることができなくなったジェフでありました。プロデュースは前作に引き続きMAHAVISHNU ORCHESTRAを手掛けた人。更に今回の目玉は…前作のマックス・ミドルトンに加え、何とマハヴィシュヌ・オーケストラからヤン・ハマーが参加しております。その影響かロック度3割増しの作品になりました。ミドルトンの“Led Boots”とハマーの“Blue Wind”が特に想い出深いですね。”哀しみの恋人たち”に次ぐベック節炸裂チューンでしょう。文句なしに大好き。特に後者はヤングジョッキーのハードロック・ベスト20で16位にランクインした際に流されたからね。その時のエアチェックテープは全曲思い出深い作品ばかり。そのタイミングだったからたまたまランクインしたバンドもひっくるめてすべてが想い出。テープが擦り切れるほど聴いたから…テープが擦れた分だけ頭に擦り込まれてるぞと。3大ギタリストの1人の伝説はコレだけで語り尽くせるものではありませんが、個人的にはピークだと認識しています。



#993 / TRUTH / 1968

★★★

Jeff Beck truth (320x320)

個人名義だけど第1期JEFF BECK GROUPの1stアルバムってことでいいらしい。他のメンバーはロッド・スチュワート(Vo)とロン・ウッド(B)とエインズレイ・ダンバー(Ds)…のはずだったけどドラマーは交替。基本はジェフの歪んだ音とロッドの歪んだ声(さすがに若いから、後の彼からイメージするシワガレ感は少ないもののやはり上手い!むしろこっちの方が「ロッド様」臭が希薄なぶん個人的には好きかも)のバトルですね。ジミー・ペイジはコレをヒントにLED ZEPPELINの方向性を決めたらしいので、曲の出来はともかく歴史的価値から注目されるアルバムですかね。“Beck’s Bolero”はYARDBIRDSの盟友ジミー・ペイジの作品。ボレロといえばボレロかな。66年にレコーディングされたシングル曲なので参加メンバーが違うんだけどね、ドラマーはTHE WHOのキース・ムーンでベースはジョン・ポール・ジョーンズという顔ぶれ。もちろんジミー・ペイジも参加。つまり2人はまだLED ZEPPELIN結成前なのさ。トラッドの定番“Greensleeves”が良いアクセントになってます。



#1138 / BECK-OLA / 1969

★★★★

Jeff Beck beck-ola (320x315)

ロッド・スチュワートとの出会いは“セイリング”や“トゥナイツ・ザ・ナイト”や“ホット・レッグス”や“アイム・セクシー”等ソロ転向以降のヒット曲に因ってでした。その辺りがリアルタイムだったからね、ロッドが元JEFF BECK GROUPやFACESなんてことは全く知らずに聴いてた。最初からポップフィールドの人だと思ってたし、そもそもあの髪型をはじめとする風貌が好きじゃなかったよね。さてジェフ・ベックとの2枚目ですが、1枚目より確実にハードロックの原型に近づいてます。“監獄ロック”をカバー。今回はニッキー・ホプキンスのピアノ曲がいいアクセントです。そのニッキーは程なく脱退、それを受けてベックはウッドストック出演も辞退したらしいね。ところが当のニッキーはJEFFERSON AIRPLANEのkeyとしてウッドストックにちゃっかり出てる(笑) 他にも…もしJ・ベックとロッドとジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズとキース・ムーンで組んでたらそれがLED ZEPPELINになってたとか、ベック、ボガート&アピスだってロッドが歌うはずだったとか…ビッグバンの1969年周辺の裏話は実に面白い。想像を掻き立てられてワクワクしちゃうね。



#1590 / THERE AND BACK / 1980

★★★★

Jeff Beck there and back (320x320)

BB&Aを経てリリースされた、革新的ギターインストのソロ作品2作「BLOW BY BLOW」と「WIRED」に続く3枚目となれば、聴いておかねばなりますまい。メンバーは「WIRED」で共演したヤン・ハマー、それ以降に共演したトニー・ハイマス、更にはサイモン・フィリップスが参加しております。最後に参加したベーシストはモー・フォスター。79年のツアー前と後にレコーディングされており、それぞれメンバーが異なります。オープニングの “Star Cycle”は「前」にレコーディング。オープニングを飾るにふさわしいベック節炸裂チューンです。その後への期待が膨らみます。もうひとつのハイライトは”El Becko“でしょう。ポール・ギルバートか誰かがカバーしてたかな。イントロダクション部分と本編とがシリアスとファニーで対比しており、ちょっとした組曲みたいな感じがいいです。あとはノリノリの”Space Boogie“あたりに耳を惹かれました。次作は5年後の「FLASH」で歌モノに戻る(ロッド・スチュワートもゲストで1曲)ので、ぜひこの作品までは聴いておきたいですね。ちなみに現在のトレードマークになっているフィンガー・ピッキングを多用し始めるのも次作から。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional