Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

OZZY OSBOURNE

OZZY OSBOURNE(US/米)

#30 / BLIZZARD OF OZZ / 1980

★★★★★

Ozzy Osbourne blizzard of ozz (320x320)

サバスをクビになり自暴自棄だったオジーがランディ・ローズに出逢った奇跡『血塗られた英雄伝説』。サバスを凌駕する歴史的復活作となりました。ヴォーカルは分かってたけど、ギターもダブルトラックだったんだね。エフェクトはかかっているだろうけど個性的な音色の秘密はコレだったのか。次々と繰り出される斬新なギター(ギターのパートだけ聴いてても楽しい)、そして名曲の連打ですよ。“I Don’t Know”と“Crazy Train”と“Goodbye to Romance”と“Dee”の4連発は文句なし。後半は要所に配された“Mr. Crowley”と“Revelation(Mother Earth)”が素晴らしい。ランディの後にはブラッド・ギルス、ジェイク・E・リー、ザック・ワイルドとなかなかのビッグネームが続いていますが…このプレイを聴いちゃうとね…そもそもバンドを抜ける予定だったとはいえ3rdアルバムが聴きたかったよね~。生きてりゃ実現したかもしんないじゃん!抜けることが決まっていたからこその遊覧飛行だったのかな。そのあたりは盟友ルディ・サーゾ著「オフ・ザ・レイルズ」でも読んで想像してみてね。それと2002年再録バージョンに引き続きオリジナル盤もリマスター&ボートラ追加で出たよ。ランディの新曲その他(Goodbye to Romanceのオジー&ランディのみバージョンがいい!)が追加された1stにライブのボーナスディスク(これまたいい!)が追加された2ndだけど…買う?買わない?どっち!?



#223 / DIARY OF A MADMAN / 1981

★★★★★

Ozzy Osbourne diary of a madman (320x320)

ランディ・ローズと組んだ2枚目。これがランディにとって人生最後のアルバムとなってしまいました。1stと共に黙って聴くべし!それにしても化けたね。オジーの力で一気に一流の仲間入りだね。悪いけどQUIET RIOT時代とは比較になりません。特にラスト3曲“Tonight”と“S.A.T.O.”とタイトル曲の流れは圧巻ですぞ。初めて聴くならリズム隊を替えての2002年再録バージョン(Bは現METALLICAのロバート・トゥルージロ:違和感があってイヤ、という人もいるだろうな。特に2ndの寅次郎は音がでかい。1stもウルサイけど2ndほどは気にならないんだよね。“Goodbye to Romance”のベースは良かった。流石に出だしの1音目はでかすぎて驚いたけど)でもいいけど、2011年遂にリマスター&ボートラ(このライブも素晴らしいけど…最後はサバス大会になってしまうのがちょい残念)追加でオリジナル音源盤出ちゃいました。当時を知る人は…そりゃあ両方買ってしまうでしょうね。とにかく、リズム隊が何であれ、オジーの声&ランディのギターは永遠に輝き続けるのだ。ランディの革新的なフレーズの数々を堪能しましょうよ。25歳で逝ってしまった伝説のプレイを!※自伝「I AM OZZY」も面白いよ。



#850 / BARK AT THE MOON / 1983

★★★★

Ozzy Osbourne bark at the moon (320x320)

ランディ・ローズの後任にジェイク・E・リーを抜擢した3rd『月に吠える』です。他のメンツはボブ・デイズリーとトミー・アルドリッジとドン・エイリーだ。しかしまたいいのを見つけるよね。悪魔の力か?ジェイクはLAメタル方面で活躍(RATT~ROUGH CUTT)していた日本人の血が半分流れる攻撃的な印象のあるテクニシャンです。SSHのストラトのハムはアラン・ホールズワース・モデルなんだってよ。だから何だってか!とにかく“バカだも~ん”でお馴染みのタイトルチューンでつかみはOK!ランディ時代の2枚の1曲目と比べても遜色ない。“Centre of Eternity”はコピーしたよね。バラードもグッド。オジーは凄いわ~。何を歌ってもオジーの刻印がハッキリ見えちゃうところが帝王と呼ばれる所以なんだね。



#1034 / THE ULTIMATE SIN / 1986

★★★★

Ozzy Osbourne the ultimate sin (320x320)

前作に引き続いてジェイク・E・リー参加の4th「罪と罰」だから聴かないわけにはいかないね。曲の出来不出来にかかわらずギターを聴くだけでも楽しめますよ。まあ、偉そうな事を言っても当時は「友&愛」で借りたんだけどね。新リズム陣はフィル・スーザンとランディ・カスティロです。タイトル曲は文句なしのオジー節炸裂です。あとはヒット曲“Shot in the Dark”に尽きますな。“暗闇にドッキリ!”という微妙な邦題。映画ピンクパンサーシリーズ2作目の邦題が「暗闇でドッキリ/A Shot in the Dark“なんだよね。邦題を付けた人はピンクパンサーを知っていたに違いない。この曲は瀬下時代(※)にコピーしました。いい曲だよね。未だに半分くらいは歌詞を覚えてるぞ。あとは“Lightning Strikes”のリフがランディ・ローズ丸出しで泣ける!確信犯だな。ジェイクとフィルはこれで脱退。次作はザック・ワイルドとボブ・デイズリーが加入。これ以降のアルバムも聴いてはいますが、思い入れは徐々に薄れていくのでありました。
※瀬下氏がベースを弾いていた時代。ギターは師匠。ドラムはフィル・すーさん(笑)



#1646 / TRIBUTE / 1987

★★★★

Ozzy Osbourne Randy Rhoads tribute (320x320)

邦題「トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ」アナログ2枚組で発売されたライブ盤です。音源は80年~81年。リズム隊はルディ・サーゾとトミー・アルドリッジ(2曲でボブ・デイズリーとリー・カースレイク)。もちろんベスト選曲…と言いたいところですが、2ndからは2曲のみ。個人的にはBLACK SABBATHの3曲は要らないかな。だったら2nd収録曲と差し替えてほしかった、などと勝手なことを思うわけだが、音源そのものが無いのかもね。2ndがリリースされたのが81年11月で、ランディが事故死したのは82年3月だから、恐らくそういう事情なのでしょう。そもそも個人的には1stの方が思い出深いので全く問題ないけどね。古い音源ゆえ音質はそれなりですが、ランディのプレイに集中してしまえば気にならないレベル。とにかくだ、サバスの曲も含め元気に弾きまくってるだけで感動できるはず。生きていればまだまだ上手くなってたんだろうなとか、LPカスタムやジャクソンVの次には何を使っただろうかとか、ソロアルバムを作ってたらどんな面子とどんな曲をとか…「たられば」が止めどない貴重な実況録音盤なのでした。更には、お宝音源として1stアルバム収録曲“ディー”のスタジオ・アウトテイクが聴けます。プレイのやり直しやらランディの声やら、オジーからファンへの素晴らしいプレゼントですね。叶わぬ夢に思いを馳せつつ聴いてください。併せて、オジー著「アイ・アム・オジー」やルディ・サーゾ著「オフ・ザ・レイルズ」も強くおすすめしておきます。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional