Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

GAMMA RAY

GAMMA RAY(Germany/独)

#325 / LAND OF THE FREE / 1995

★★★★

Gamma Ray land of the free (320x320)

HELLOWEENを離脱したカイ・ハンセン(G)のバンドの意地の4thアルバムです。素晴らしい仕事をしていたラルフ・シーパース(Vo)は前作でクビになりました。JUDAS PRIESTのオーディション絡みみたいね。最終的に落選したラフルはマット・シナーと合流。PRIMAL FEARを結成し現在に至ります。結局カイはヴォーカルも自分でやりたかったんじゃない?シーパース脱退で気合いが入ったのか、とにかくいい曲が揃いました。件のヴォーカルは…HELLOWEEN時代よりは良くなったのかな。不安の表れか(笑)ゲストヴォーカルとしてマイケル・キスク(元HELLOWEEN)とハンズィ・キアシュ(BLIND GUARDIAN)を招聘!キスクが歌えば例のあのファニーな感じになるしキアシュが歌えば指輪物語な感じになるんだから凄いよね。両名とも個性的かつ貫禄のヴォーカルで存在感充分です。どうせなら全曲キスクで良かったのに…と思ってはいけません。それじゃHELLOWEENだもの。



#966 / INSANITY AND GENIUS / 1993

★★★★

Gamma Ray insanity and genius (320x320)

ラルフ・シーパース最後のアルバムとなった3rdです。この作品に限らずGAMMA RAYではいい仕事をしました。TYRAN’ PACE時代よりパワフルヴォイスになった点が個人的な好みと外れるところではありますが(ロブ・ハルフォードが“殺人機械”でワイルドさを前面に押し出してきたパターンに似てるかな)ハイトーンでパワフルなんだから申し分ないね。サビメロはHELLOWEEN丸出しなのがうれしい。特にアップテンポな曲がいい。サビメロだけはシーパースに決定権は無い気がするな。そこに至るまではTYRAN’ PACEっぽく聴こえる部分もあるんだけどね。サビはカイ・ハンセン丸出し(笑) そんな状況に嫌気がさしたからJUSAS PRIESTのオーディションにエントリーしたのかと勘ぐってしまう。残念ながら大英帝国の大御所バンドにドイツ人は受け入れられなかったんだね。この落選で引退を考えたそうです。それを思いとどまらせたのがマット・シナーというわけ。



#1928 / ALIVE '95 / 1996

★★★★

Gamma Ray alive 95

ガンマ・レイのファースト・ライブ・アルバムは、4thリリース後のヨーロッパツアー音源。収録地はスペインをはじめ伊仏独各地からのベストチョイスで、マドリードの音源が多いらしい。よって4thからの選曲多し、2ndからは選ばれず。オープニングの”Land of the Free”でカイ・ハンセンのヴォーカルに不安がよぎる。やはりラフル・シーパースに残っていてほしかったなあと。ちなみに25周年記念盤にはシーパース期の音源がCD2として付属しているが…コンピレーション・アルバム「パワー・オブ・ザ・メタル」の音源らしいから個人的には要らない。2曲目も4thから”Man on a Mission”で掴みはオーケー。3rdからの”Tribute to the Past”もいいね。”Heal Me”の普通声がハンズィ・キアシュに似てる。LIVE AIDでのフレディ・マーキュリーみたいなコール&レスポンスも面白かった。個人的には終盤”Abyss of the Void”あたりからがハイライト。HELLOWEENのカバー”Ride the Sky”(これは声が良く出てる)と”Future World”が続く。肝心の高音サビメロパートでカイがフェイクをかますのが残念。どうやら収録地によって好不調があるようだ。コーラスの高音パートを担っているのが誰かは分からないが、カイにとっては実に頼もしい存在だと思われる。通常ジャケは地味なので25周年盤を載せといたよ。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional