Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

THIN LIZZY

THIN LIZZY(Ireland/愛蘭)

#16 / JAILBREAK / 1976

★★★★★

Thin Lizzy jailbreak (320x320)

シン・リジィのイチオシは誰が何と言おうとこの6th『脱獄』です。ハードロック史に残る必聴名盤でございます。GARY MOOREJOHN SYKESの時代もあるんだけどね、シン・リジィはスコット・ゴーハム&ブライアン・ロバートソンだと思います。やたら音を詰め込むアルバムが多い今だからこそ絶妙なスカスカ感が堪りません。そのスカスカ感に一役買っているのブライアン・ダウニーも欠かせないね。当時はコピーしにくいという理由で好きになれなかったフィル・リノット(ライノット)のヴォーカル(メロディが不明瞭でセリフの延長みたいなんだもの)も今では大丈夫になりましたね。いや「聴くのは」って意味だよ。コピーは…英語が話せないとかなり面倒な作業になるね。万が一にでも演ることになったら、歌詞をカタカナに直してそれを完コピするでしょう。昔、歌詞カードが無いレコードをコピーした時に使った禁断の裏ワザなんだぜ(笑) オープニングのタイトル曲もいいけど、とりあえずTHIN LIZZYの代名詞にして超有名ハードロックアンセム(プロアマ問わず多くのバンドがカバーしてる)“The Boys Are Back in Town(ヤツらは町へ)”ですね。あとは“Cowboy Song”と“Emerald”がお気に入り。「ヤツらは…」は2度にわたってコピーしましたよ。2度目はライブバージョンだったね、すーさん。



#220 / BLACK ROSE:A ROCK LEGEND / 1979

★★★★★

Thin Lizzy black rose (320x319)

LIVE盤をひとつの節目として再起をかけた9thアルバム、盟友ゲイリー・ムーアのシン・リジィです。ブライアン・ロバートソンとは違うけどコレはコレで素晴らしい。ゲイリーとフィルのケミストリーでアイリッシュ・フレーバー垂れ流し状態ですよ。もちろんいい意味でね。確かPVでBCリッチのイーグル&モッキンバードコンビを弾いていたような気がするけど。で、同時期にBOWWOWもこのコンビを使ってたよね?このアルバムのハイライトは満場一致でエンディングのタイトル曲でしょう。ゲイリー・ムーア節炸裂で文句なしに素晴らしい。感動的です。あとは“Do Anything You Want To”と“Waiting for an Alibi”(アリバイが英語だと気付いたのはこの曲のおかげだったかも)と“Sarah”などがお気に入り。結局ゲイリーが参加したのはこの1枚だけでしたが、後には逆にフィルがゲイリーのアルバムに参戦しました。2人は仲良し(笑)



#356 / FIGHTING / 1975

★★★★

Thin Lizzy fighting (317x320)

名作「脱獄」の前の5thアルバムだから要チェックですね。一般的にはLIVEアルバムが好評なリジィって感じになってて、スタジオアルバムだとゲイリー・ムーアとかジョン・サイクスがもてはやされて(ゲイリーは同郷だしね)まあそれもわからなくはないんだけどさあ、どうにも腑に落ちないのですよ。フィル・リノット(正しくはライノット)が居ればいいのかよ?これもまたわからなくはないんだけど…。全盛期を支えたブライアン・ロバートソンをもっと大事にしてほしいわけ。MOTORHEADに参加したらMOTORHEADファンにボロクソいわれてさあ、可哀相でしょ。THIN LIZZYにはロバートソンくらいが丁度いいと思うわけ。ゲイリーとかサイクスとか、華がありすぎるんだよ(笑) ボブ・シーガーのカバー“ロザリー”がオープニング。あの声で歌われると何でもオリジナルになっちゃうから凄いね。あとは“Suicide”とか“Wild One”が有名曲ですね。



#446 / LIVE & DANGEROUS / 1978

★★★★★

Thin Lizzy live & dangerous (320x320)

ライブアルバムもたくさんリリースしてるリジィですがオススメは1stライブアルバムのコレでしょう。黄金期(ロバートソン時代)だし選曲も限りなくベスト盤だから間違いなし。サイクス時代のライブもあるけど…それはまた別のお話。まずはコレを聴くのが筋ってもんだな。ロバートソンはこの後脱退するわけだしね。オープニングは“脱獄”です。それに続くのは“エメラルド”だもの。出し惜しみなど一切しませんよ。“ロザリー~カウガール・ソング”なんてお洒落なメドレーもあり。この後も有名曲のオンパレードですが省略。あとはアルバム未収録の2曲と…エンディングのエリック・ベル時代の曲を収録。当時としては、大満足のアナログ2枚組でありました。同タイトルのDVDもございますが、古いモノは収録曲が少ないので、なるべく新しいモノを買いましょうね。ヒューイ・ルイスがハーモニカで参加してるんだよ。



#581 / THUNDER AND LIGHTNING / 1983

★★★★

Thin Lizzy thunder and lightning (320x320)

ジョン・サイクスのTHIN LIZZYでございます。ミラーピックガードのブラックビューティーだよ。うちにも1本あるけどね(笑) ギブソンでもなければフェルナンデスでもございません。マーク・ボラン風レスポール製作にあたってグレコのデタッチャブル・レスポールを2本購入してネックを交換してね、その時の副産物としてサイクス風に仕上げたものなんですね。詳細は「屋根裏部屋」にてご覧ください。さて、ゲイリー・ムーアは同郷だし元メンバーだしバッチリ波長が合ってたと思いますが、この12thにして最後のスタジオアルバムはどうだろう?フィル・ライノットが歌ってりゃリジィ?…だな!というわけでリジィ史上唯一のヘヴィメタリックなアルバムとなりました。昔からのファンとしては最後がコレかよって思いは当然ありますが、まあコレはコレでやっぱり好きかな。タイトル曲と“夕暮れにて”と“Cold Sweat”(唯一のサイクス作品)で決まりでしょう。



#646 / NIGHT LIFE / 1974

★★★★

Thin Lizzy night life (320x320)

“Still in Love with You”で盟友ゲイリー・ムーアがギターソロ参戦した4thアルバムです。この曲はコピーしましたね。トリオで始まったリジィが頭打ちで、ヴァージョンアップの必要を感じたライノットが、一旦はゲイリーを迎え入れた経緯があってのことなのね。結局はブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムが加入して、ツインギターバンドの地位を確立、そして黄金時代を迎えるわけだから、ゲイリーが定着しなくて結果オーライだったかもしれない。他には“She Knows”や“Sha La La”を収録してます。次の「FIGHTING」さらには名盤「JAILBREAK」に繋がるツインリード体制のプロローグとなるので聴いておきましょうか。



#768 / JOHNNY THE FOX / 1976

★★★★

Thin Lizzy johnny the fox (320x319)

7th『サギ師ジョニー』です。後にゲイリー・ムーアも取り上げた“甘い言葉に気をつけろ(Don’t Believe a Word)”だけって話もあるんだけど(笑) ロックミュージカルみたいな“サギ師ジョニーとヤクザのジミー”にパーカッションでフィル・コリンズが参加しているらしい。ぶっちゃけ必要性は感じられません。名盤『脱獄(JAILBREAK)』の後だっただけに期待も膨らむってもんだけどね、アイデアはほぼそっちに使っちゃったかな。前作のアウトテイク集みたいなものなのかもしれない。収録時間も短い。それでもフィル・ライノットの語り系ディープヴォイスは健在だしアイリッシュテイスト溢れるギターも聴けるからいいんじゃないすか。“Fools Gold”とか「らしい」曲もあるし。



#1016 / BAD REPUTATION / 1977

★★★★

Thin Lizzy bad reputation (320x320)

ブライアン・ロバートソンが抜ける直前の8thアルバム「悪名」です。ロバートソンが弾いてるのはどうやら3曲だけで、他はスコット・ゴーハムのひとりツインギターみたいですね。よって、ジャケもロバートソン抜き。オープニングの“Soldier of Fortune”でいきなりツインリード炸裂なんだけど…実態は一人だったのね。続く“Bad Reputation”もタイトルどおりの雰囲気を纏っていて良い。シングル曲の“Dancing in the Moonlight”はもちろん文句なし。ロバートソン参加曲の“The Woman’s Gonna Break Your Heart”も「らしくて」いいね。なかなかどうしていいアルバムだと思いますけど。ロバートソンはこの次の「LIVE AND DANGEROUS」に参加してから脱退。WILD HORSESを結成して2枚のアルバムを録りました。その後まさかのMOTORHEAD参戦となります。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional