Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

CHILDREN OF BODOM

CHILDREN OF BODOM(Finland/芬蘭)

#627 / HATE CREW DEATHROLL / 2003

★★★★

Children of Bodom hate crew deathroll (320x320)

デビュー作から気に入ってずっと追いかけてきた、アレキシ・ライホ率いるメロデスバンドの4thアルバムです。オープニングの“Needled 24/7”のギターがこれまでになくアグレッシブで衝撃的な1枚でした。この曲だけは文句なしにかっこいい。COBのナンバーワン・キラーチューンだと思いますが、いかがかな!? メロデスの範疇で語られるバンドなわけですがアレキシが担当するデス声以外、デスの要素はございません。やっぱ上手なギタリストを擁するメロデスバンドは、始まりこそデスメタル寄りのアルバムを作るけれど、徐々に普遍的なヘヴィメタに戻っていくよね。ARCH ENEMYがアモット兄弟のツインギターなら、こちらはアレキシのギターとヤンネ・ウィルマンのキーボーのソロバトルがウリ。まあどちらのスタイルも王道といえば王道なんだけどね、いざメロデスの括りで考えると珍しいってことになるわけだ。ジャンルに騙されることなかれ!スラッシュメタルやアグレッシブなスピードメタルが好物ならお勧めでございます。



#1448 / HATEBREEDER / 1999

★★★★

Chidren of Bodom hatebreeder (320x320)

いたるところに湖がある国ですが、ヘルシンキの近くにボドム湖というのがありまして、その昔そこで殺人事件があったそうです。13日の金曜日的な事件で、生き残った一人が疑われたりしたらしいですが、未だジェイソンは見つかっていない(未解決)とのこと。バンド名の由来は件の湖なわけね。というわけで、御存知アレキシ・ライホ率いるメロデスバンドの絶好調2ndアルバムです。キーボーがバックを彩る北欧シンフォ系とは一味もふた味も違うところがミソで、ここのキーボー(ヤンネ・ウィルマン)はギターと超絶バトルを繰り広げちゃうんだな。こうなるとメロデスという括りに無理が生じてくる。ライホのデス声もスラッシュメタル系にありがちな、メロがある吐き捨て型寄りだし…要するにアグレッシブなスピードメタルだね。STONEのカバーを収録しているあたりも、出自はデスじゃなくスラッシュなのかな。ライホは今作に先駆けSINERGYのデビュー作をレコーディングしており、彼女のキンちゃんをヴォーカルに立て正統派のヘヴィメタを奏っています。棲み分けは大事だよね。同一路線じゃ意味がない。ちなみにキンちゃんは作詞とスクリームでこちら側にも参戦。棲み分けは!?(笑) 



#1711 / FOLLOW THE REAPER / 2000

★★★★

Children of Bodom follow the reaper (320x320)

これまでよりシンプルに仕上がった3rdアルバムです。プロデュースはHYPOCRISYのピーター・テクレン。コレを聴くと前作はまだメロデスだったんだなと気付くね。メロデス必須要素のメロディックなバッキング・リフがあったもの。あとは曲の展開かな。今回はプログレッシブな曲構成を敢えて避けた感じ。ゆえに今作こそが脱メロデス・アルバムでした。ですが、別の意味でキャッチーだったりするかな。アグレッシブさは失われていないし、音質は良くなったし、個人的にはメロデス時代に軍配を上げたいですが、これは好みの問題でしょう。好例となった映画のサンプリング音源、今回はエクソシスト3だそうだ。3!? 何故3?名作「チューブラー・ベルズ」の1作目、ダブルデートで映画館に行った想い出込みの2作目、申し訳ないが3作目の印象がまるで無い。観てないはずはないけれど覚えてないわ~。それにしても映画のサンプリング好きだねライホ君。そもそも映画が好きで、そこからソングライティングのヒントを頂いているのかな。これ以降メロデス要素は消えてしまいますが、次作はこれまでの融合発展型をいう感じでお勧めです。高音質維持の暴虐メタル炸裂。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional