Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

WHITE LION

WHITE LION(US-Denmark/米-丁抹)

#87 / PRIDE / 1987

★★★★★

White Lion pride (320x320)

歯磨き粉ではありません。白獅子です。白蛇・白狼・白虎・白姉・白魂などWHITEが付くバンドは多い。洋の東西を問わず「白」は縁起がいいのでしょう。ハスキー・ヴォイスのマイク・トランプとトリッキーなギタープレイのヴィトー・ブラッタがウリのLAヘアメタルなんですね。当時レコードを買ったわけですが…歌とギターがバトルしてるな~と。1曲目の“Hungry”なんて歌の隙間見つけちゃあギター弾き倒してる。個性的な声のおかげでギターに負けないから成立してるけどね。並のヴォーカリストだったら「うるせえ!」ってコトになるでしょう。音量も含めたギターの目立ち具合からVAN HALENの1stとイメージがカブるね。いい意味で。1曲目以外だと…“Wait”と“Tell Me”と“When the Children Cry”が好きです。Pretty Good!



#754 / FIGHT TO SURVIVE / 1985

★★★★

White Lion fight to survive (315x320)

このバンド好きでした。2nd『PRIDE』がぶっちぎりで好きだけど、この1stもすでに魅力的ですな。“Broken Heart”と“El Salvador”と“The Road to Valhalla”が特にいい。タイ
トル曲もいいな。マイク・トランプの声はイマイチ評判が良くないようですね。何故なんでしょうか?特にバラード系など私は好きですが。(ボートラのライブを聴くと確かに…ちょっと下手かも。声を出してみたら微妙に音程がズレてる系ハスキーヴォイスなのさ。スタジオ盤は大丈夫!)ヴィトー・ブラッタのギターは文句なし(ライブでも)。適度にトリッキーで良く練られた普通じゃないソロを聴かせるあたりTNTのロニー・ル・テクロなんかと同系列だと思います。アームレスだけどエイドリアン・ヴァンデンバーグとかね。



#916 / BIG GAME / 1989

★★★★

White Lion big game (320x320)

1曲目の“Goin’ Home Tonight”が素晴らしい3rdです。こういう曲が作れるんだからさあ、まだまだイケたと思うんだけどね。GOLDEN EARRINGのカバー“Radar Love”(ごく普通の出来)を入れてきたあたりに失速感が垣間見えます。ギターソロは相変わらずのスタイル(両手タッピングにアーミングにハーモニクス)で最大の聴かせどころではあるものの、曲のクオリティは下がったんじゃないかな。「PRIDE」でアイデアを出し尽くしたか!?ギターだけでなくヴォーカルも好きだっただけに、もうちょい頑張ってほしかったね。そういえば…タイトルは忘れたけどチョイ役で映画に出てたよね。あれはデビューしたての頃なんだろうか?



#1169 / MANE ATTRACTION / 1991

★★★★

White Lion mane attraction (320x320)

実質的にはラストアルバムみたいなものでしょうか。最後の曲“Farewell To You”にはそんな意味が込められているのかもしれません。リリース後リズム陣(ベーシストのジェームズ・ロメンゾは後にMEGADETHで活躍)が揃って脱退。ドラマーにはY&TやSUCIDAL TENDENCIESに居たジミー・デグラッソ(こちらも後にMEGADETHで活躍)が加入。看板ギタリストのヴィト・ブラッタはミュージシャンを引退。そして解散。残されたマイク・トランプは元LIONのジェリー・ベスト(B)とFREAK OF NATUREを結成します。WHITE LION+LION=FREAK OF NATUREなんだね。バンド唯一のインストの“Blue Monday“はこのアルバムを制作中に亡くなったスティーヴィー・レイ・ヴォーンへのトリビュートとなっているそうです。1st収録の”Broken Heart”を再レコーディングしてる時点で曲が足りなかったのか?と思っちゃうね。しかも旧バージョンを超えるものになってない。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional