Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

FOGHAT

FOGHAT(UK/英)

#134 / LIVE / 1977

★★★★★

Foghat live (320x312)

名作と言われるライブ盤の特徴は…スタジオ録音ヴァージョンを凌ぐ名演が収められていること。そして音源しか残っていないこと(ブートレッグは除く)。まあ凌いでなくても、せめてスタジオ盤にはない熱気みたいなものを伝えてくれないとね。歓声が被せてあればいいってもんじゃないぜ。RUSHみたいにスタジオ盤と区別できないようなパフォーマンスもそれはそれで凄いと思うけど…それは特異な例。で、ハードブギーの真骨頂ここにありのライブ盤です。72年にデビューして6枚のアルバムをリリース後に登場した1stライブです。LYNYRD SKYNYRDBLACKFOOTのサザンロック系もいいけどね~。熱量は負けていないのであります。高校時代「“ハニーハッシュ”の歌詞を耳コピ」という暴挙(笑)の思い出も込みで強く薦めたい実況録音盤の傑作です。“Fool for the City”と“Home in My Hand”と“I Just Want to Make Love to You”と“Road Fever”と“Honey Hush”と“Slow Ride”の全6曲という潔さ!リリース30周年記念の「LIVEⅡ」は未聴ですが、あまり期待できないかも。



#423 / FOOL FOR THE CITY / 1975

★★★★

Foghat fool for the city (320x319)

フォガット・ライブ収録曲で言うと“Fool for the City”と“Slow Ride”が入ってる5thアルバムです。最初に聴いたのが「FOGHAT LIVE」だからどうしてもその収録曲が基準になっちゃうのは仕方ないのね。というか…名作ライブ収録曲以外はあまり胸がときめかない体質になっちゃってるわけね(笑) “Slow Ride”のスライドギターはライブを超えるすさまじさです。ロバート・ジョンソンのカバー“Terraplane Blues”も収録。ラストは洗練された「らしくない」路線。でも1stのエンディングもそうだったね。意図してやってるな!? ライブを除けばコレがフォガットの最高傑作ということでいいでしょう。STATUS QUOと並び称されるハードブギ―が炸裂しているので間違いない。この手の音楽は、とにかく元気がでるよね~。気分を高めたいときにはコレだな。フォガットのアルバムで真っ先に思い浮かぶ風変わりなジャケに写っているのはドラマーのロジャー・アール。イギリスからアメリカに拠点を移し、NYのマンホールに釣り糸を垂らして何を釣ろうとしているのでしょう?裏ジャケではメンバーその他がマンホールに集まってます。



#1048 / FOGHAT / 1972

★★★★

Foghat foghat (320x320)

バンド名は「fog」と「hat」でFOGHATだそうです。霧の帽子…造語ね。元SAVOY BROWNの3人にロッド・プライスを加えた4人組。最初に聴いたFOGHATは“FOGHAT LIVE”でした。よって俺たちのフォガットはライブで決まり!ハニーハーッシュ!ライブバージョンが頭に焼き付いてるからね、スタジオ盤には物足りなさを感じてしまうのです。少々ラフな感じの方が魅力的なのだ。スタジオの音は綺麗すぎるのさ(笑) オープニング曲“I Just Want to Make Love to You”(カバー曲。ROLLING STONESもカバーしてる)はライブ盤に入ってる曲だから文句なし!イントロのギターの掛け合い(ロンサム・デイヴとロッド・プライス)からワクワクしますな。ヴォーカルはエフェクトで歪んでるし。ツインギター炸裂でFOGHATの魅力が凝縮された代表曲でしょう。他の曲はそれなりの出来ですが、締めくくりだけは変化球。最後の最後もバグパイプが鳴り響いてます。俺たちイギリスのバンドだぜ~と。トッド・ラングレンがプロデュース?



#1256 / ENERGIZED / 1974

★★★★

Foghat energized (320x320)

名作LIVEで演奏されている“Honey Hush”と“Home in My Hand”のスタジオヴァージョンが収録されている3rdアルバムです。ファンキーな曲やウエストコースト系やロックンロールもありますが、ここで聴かれる他のハードブギ―曲もまた切れ味抜群であります。全部聴いたわけじゃないけども、LIVE以前にリリースされた6枚はどれを聴いても間違いないでしょう。けどね、毎度同じコメントになってしまいますが、やっぱりこのバンドのハイライトは「LIVE」なわけよ。だからと言って最初にその名作を聴いちゃうとスタジオ作品がちょい物足りなく感じてしまうし…逆はもう経験できないから何とも言えないし…どうしましょ?よし、こうしよう。ライブと同じ曲順でスタジオバージョンを並べて編集するってのはどうだろう。これは楽しめるかもよ。ん?そうすると…スタジオ盤を4~5枚ゲットすることになるんだね。私はあと1枚で実行できますけど。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional