Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

音楽の小部屋

今日の1枚 No.1921

ARB LIVE/魂こがして / ARB

1983年日本)好き度4.5

ARB live 魂こがして

石橋凌田中一郎、KEITH、野中サンジ良浩、黄金の第1期その集大成。このアルバムは「友&愛」で借りてカセットテープに録音、現在は行方不明。#1ウイスキー&ウォッカ、#2ユニオン・ロッカー、#3 I’m Jumping、#4 BOYS&GIRLS、#5 STANDING ON THE STREET、#6 Just a 16、#7トラブルド・キッズ、#8 BAD NEWS、#9赤いラブレター、#10乾いた花、#11魂こがして、#12喝!全12曲収録。ファンからしてみれば2枚組のボリュームがほしいところだね。オープニングからの4曲、中盤#6~8、ラス前の#11あたりが特にお気に入り。”乾いた花”はね、期待ハズレだった。スタジオ・バージョンが大好物ゆえ、完コピを求めすぎたかも。あれはギターが2本いないとダメな感じ?タイトでパンキッシュで一郎のカッティング&フレーズが奇跡的なスタジオ・バージョンは再現不可能だったか。こうなると光浩先輩時代のフルライブも俄然聴きたくなる。当時流行の12インチシングルにちょいちょい収録されてはいたけれど…”Fight it Out”やら”ONE WAY TRIP”やら”魂こがして”やら…。光浩先輩のギターとコーラスが中々の存在感でね、元BOW WOWの面目躍如って感じだった。それどころかBの時より生き生きしているように見えたし。ジャン・ジャック・バーネルとの音源とか、寄せ集めて第2期フルライブ・アルバム出せんかね!? ところで…サンジが解雇されたエピソードを今回初めて知りました。覚醒剤欲しさに光浩先輩のレスポール(おそらくブラック・ビューティ)を質入れしてクビになったのだと。ホンマかいな?



BACKNUMBER

バンド名検索

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z  その他

年代別検索

1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021

レビュー順(利きジャケ)

No.1~100 101~200 201~300 301~400 401~500 501~600 601~700 701~800 801~900 901~1000 1001~1100 1101~1200 1201~1300 1301~1400 1401~1500 1501~1600 1601~1700 1701~1800 1801~1900 1901~2000

極好盤

今までの訪問者数合計11027人
昨日6人
今日2人
現在の訪問者数1人

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional