Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

音楽の小部屋

今日の1枚 No.1880

TO HELL AND BACK / SINERGY

2000年 フィンランド)好き度4

Sinergy to hell and back

3枚のアルバムを残して自然消滅してしまったバンドの2ndアルバムです。キンちゃんとライホくん以外のメンバーを一新。デビュー作でイェスパー・ストロムブラードが担当した2ndギターには後にCHILDREN OF BODOMのメンバーとして10年以上活動することになるローペ・ラトヴァラが。リードギターも担当しているみたい。ツインリードの場面だけでなくソロを分け合ってるのかな。シャーリー・ダンジェロ(レコーディングだけだったか)に代わるベーシストはTAROTのB&Voにして後にNIGHTWISHに加入するマルコ・ヒエタラが。ドラマーは前作同様知らない人ですが、フィンランド人脈総動員てな感じだろうから問題なし。”Beware the Heavens”みたいなキラキラチューンはないけれど、曲の平均値は高く、何よりアグレッシブさが増した。まずキンちゃんのパフォーマンスですな。前作はぶっちゃけ普通だった歌唱がワイルドになってるね。ちなみに3rdでは更に。メタル曲を歌いこむことで獲得した声かと思われます。一方のライホくんは…前作ではキンちゃんのお披露目サポートに徹してたプレイから一転、チルボド並みに目立ってる。ラストにBLONDIEの”Hanging on the Telephone”、更にボートラとしてPAT BENATARの”Invincible”を収録。”Beware…”的楽曲の代用なのか。パット・ベネターはアリだけどブロンディは浮いてる。だったら”Call Me”にしてほしかった。アレキシ・ライホが亡くなってしまったからね、今しばらくは手元に置いておこうかなと。



BACKNUMBER

バンド名検索

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z  その他

年代別検索

1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020

レビュー順(利きジャケ)

No.1~100 101~200 201~300 301~400 401~500 501~600 601~700 701~800 801~900 901~1000 1001~1100 1101~1200 1201~1300 1301~1400 1401~1500 1501~1600 1601~1700 1701~1800 1801~1900

極好盤

今までの訪問者数合計10475人
昨日4人
今日4人
現在の訪問者数1人

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional