Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

LAZY

LAZY(JPN)

#34 / 宇宙船地球号 / 1980

★★★★★

Lazy 宇宙船地球号 (319x320)

77年にデビューしたアイドルグループ、しかしてその実態は?当時全国に無数にいたハードロックのコピーバンドでした。バンド名は当然DEEP PURPLEから拝借してるわけね。LAZYというアマチュアバンドも複数存在したことでしょう。ところがHRじゃ売れないってことで、当時日本を席巻していたBCRの路線を強要されたという経緯。売れたらHRを演らせてやるという条件だったそうだ。メンバーは、同級生の景山ヒロノブ(ミッシェル)と高崎晃(スージー)と田中宏幸(ファニー)の3人に、ポッキーと樋口宗孝(デイビー)を加えた5人組。果たしてレイジーは売れ、80年夏の「ヘヴィ・メタル宣言」により約束は果たされます。アイドルを演じながらも晃先輩は牙を研ぎ続けていたそうだ。まさしく「ジャガーの牙」ですな。アイドル時代にもHRを交えたライブで実力は認知されていたらしい。晃先輩は凄い人なんだよ。後にLOUDNESSがアメリカで紹介された際、エディ・ヴァン・ヘイレンやジョージ・リンチも実力を認めたって話だ。ちょい下世代のポール・ギルバートに至っては憧れの存在、リスペクトを公言してますな。テレビ番組で晃先輩からKILLERのギターをプレゼントされて喜んでる姿が印象的でした。さて、念願叶って製作されたHRアルバムでしたが、これをきっかけとしてレイジーは翌年解散します。高崎、樋口、田中はLOUDNESS結成へ、景山はアニソンシンガーへと転身します。元々畑違いだったと思われるポッキーに関しては超個人的後日談がございまして(笑)…ファニーは結局LOUDNESS構想から離脱してポッキーとポップ路線バンド“ネバーランド”を結成します。でね、関連の合宿スタジオ「ネバーランド」が下久保に存在するって情報を師匠が仕入れてきて、じゃあドライブがてらに覗いてみようかって話になったわけ。確か自分たちが合宿するための下見って感じだったと思う。道に迷いつつそれらしき施設に到着してみて驚いた。偶然にもファンの集いみたいなイベントの真っ最中でさ、どういうわけか一瞬だけ会場に招き入れてくれて、たくさんの女子に囲まれたご本人たちと挨拶を交わしたという奇跡的な出来事があったわけよ。あの時案内してくれたのがスタッフだったのか、ネバーランドのメンバーの一人だったのか、今となっては全く分かりませんが、帰りの道中は盛り上がったよね。バンドが売れないからファンを集って合宿ツアーで金稼いでるとか、いわゆるグルーピーみたいなものだから選びたい放題だろうとか(笑)そりゃあもう言いたい放題。結局そのスタジオは一般には貸し出してなかったという結末だったと記憶しております。で、久しぶりに思い出したので検索してみたらヒットしたんですけど。Music house NEVERLANDだってよ。一般に貸し出す合宿スタジオとして営業してるみたい。まさかオーナーはポッキーなのか!? 毎年バーベキューをやってるフィッシングセンターと神流湖の中間あたりだけど…地図で見る限りかなり分かり難い。今みたいにカーナビなど存在しなかった30年前、土地勘もない山奥でしかも夜ですよ、よくぞまあ探し当てられたもんだよね。奇跡だな。4人バンドなら一泊\15,000くらいで泊まれるみたいだ。簡易レコーディングもできそうだし、合宿しますか師匠。というわけで、このアルバムには間接的ではありますが色んな付加価値もあり、例によって金欠時代に購入しているゆえ意地になって聴いたから、愛着のある作品だってことでいかがでしょう?



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional