Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

CHEAP TRICK

CHEAP TRICK(US/米)

#15 / IN COLOR / 1977

★★★★★★★

Cheap Trick in color (320x320)
Cheap Trick in color the other side (320x320)

ジャック・ダグラスがプロデュースしたデビューアルバムです。日本でブレイクしたバンドの一つですね。生々しくもシンプルな音のバランスがいいじゃないの。バランスだけならARBの軽快さに共通するものがあると個人的には思います。この頃の曲はハードロック風味が勝ってって、そのに現在まで続くパワーポップ的歌メロが随所に炸裂するパターン。リック・ニールセンが作るリフにロビン・ザンダーの甘い声と独特な歌い回しの秀逸メロが乗るってスタイルに尽きるのです。アップテンポな曲でも哀愁があるんだよね。“Hello There”で掴みはOK。“Big Eyes”と“Downed”で少しペースを落として…“I Want You to Want Me”の登場です。ファニーな名曲、CHEAP TRICKの代表作です。B面も充実。“Oh Caroline”はロビンのセクシーヴォイスが炸裂、“Clock Strikes Ten”で更にヴォルテージを上げられて、続く“Southern Girls”がまたいいんだな。“Come On, Come On”もいかにもロビンで素晴らしいです。やっぱ名盤だね。ベーシストは8弦ベースや12弦ベースでお馴染みのトム・ピーターソン、ドラムはくわえタバコと極太ロングスティックでお馴染みのバン・E・カルロスですね。ジャケおよび裏ジャケの通りイケメン2名+?2名のバランスも絶妙でしょ。武道館公演がきっかけで本国で有名になるわけで、ロビンもリックも日本に対しては特別な思い入れがあるみたい。DVDのインタビューで来日時の驚きなんかを語ってたりするので、当然マストアイテムですよ。青春真っ只中で聴き始めたバンド故、思い入れが大きいのは当然ではあるものの、例に漏れず、程なく遠ざかってしまいました。高校時代にリリースされた4thまでだったね。というわけで、すっかり忘れていた期間もありましたが、BURRNのレビューで評価が良かったりすると(てか、ほぼ毎回評価が高いので困る)また聴きたくなったりしてね、3枚に1枚くらいは購入して聴いてますよ。基本的にロビンの声が好きだし、リックが作る曲だって…安心印のワンパターンだし(笑) 



#116 / CHEAP TRICK / 1977

★★★★★

Cheap Trick (320x320)

昔A3(B4?)くらいの大きさの洋楽アーティストの写真集が書店で普通に並んでいた時期があったのね。映画のパンフレットを大きくしたような感じだったと思う。ミユージックライフの別冊的なモノだったのかもしれない。今みたいに娯楽に多くの選択肢がなく、映画と音楽が娯楽の花形だった時代でね。Bay City Rollersをはじめとするアイドル系と、KISS率いるイロモノ&ビジュアル系…AEROSMITHやHEARTやANGELなんかと一緒にCHEAP TRICも、そのルックスもあり(当然ロビンとトムですけど)もてはやされていたのでした。で、コレがデビューアルバムです。“Hot Love”でガツン。ヒネリの効いた“The Ballad of T.V. Violence”(初めて聴いた曲でしたね。そりゃあもちろんヤングジョッキーでしょ)ですっかり虜になりますな。盤を裏返しても“ELO Kiddies”ですぐに引き戻されて最後の“Cry, Cry”と“Oh, Candy”で本領発揮ですよ。このアルバムや「IN COLOR」や「DREAM POLICE」、つまり初期の作品が無条件に好きです!



#216 / HEAVEN TONIGHT / 1978

★★★★★

Cheap Trick heaven tonight (320x320)

デビューアルバムのハードロック然とした生々しさは良かったし、2ndのポップさが程よくブレンドされた楽曲は最高の出来だった。これらに続く3rdアルバムの邦題は「天国の罠」。コレも負けず劣らずいいね。ぶっちゃけ最初の2枚に比べると聴いた回数は少ないと思う。それでもまだまだ他のバンドよりはたくさん聴いたよ。当時は高校生だったわけで…この時期、金は無いのに聴きたいレコードが山ほどある状態だったからね。ハードロックも不遇のパンク時代を乗り越えてNWOBHMやらLAメタルやらスラッシュメタルやら…ロック魂をくすぐられる方向にに拡散していったのです。それはもうキリがないくらいに。当時“Surrender”がやたらとラジオで流れてたのをよく覚えています。もちろんそれ以外の曲も好きですよ。“On Top of the World”とか“California Man”とか“Auf Wiedersehen”とか“Stiff Competition”とか。もちろんタイトル曲もね。



#436 / CHEAP TRICK AT BUDOKAN / 1978

★★★★★★★

Cheap Trick at budokan (320x320)

いちばん売れたのがこの実況録音盤なんですね。ビッグネームの仲間入りをしたのはこのアルバムがきっかけでした。ベストアルバムといっても過言ではありませんが、やはり喰い足りなさは感じてしまう。で、その後「BUDOKANⅡ」(79年の音源が混入)がリリースされるわけよ。この2枚を持ってりゃ完璧!と思うじゃん!? ところが今度は78年音源のみの2枚組がリリースされちゃったりする。しか~し!まだまだ終わらないのでありました(笑) 満を持しての「30th Anniversary Edition」登場です。DVD(NHKで放映されたアレ)もセットになってまさしくコンプリートエディションですね。コレはもう買わないわけにはいかないのです(T_T) 初期のCHEAP TRICKが好きなら迷うことなかれ!
※リック・ニールセンのヘイマーのサンバーストのエクスプローラがほしい。ブルーメタリックのミラージュも懐かしいね。




#487 / DREAM POLICE / 1979

★★★★★

Cheap Trick dream police (320x320)

“Dream Police”は高校時代ラジオ等でよく耳にしたので完全に擦り込まれたね。ポリスの“孤独のメッセージ”とかDEVOの“サティスファクション”とかTOM ROBINSON BANDの“2-4-6-8モーターウェイ”なんかとほぼ同時期だと思われ…その頃の記憶がよみがえります。「at武道館」の次に売れたアルバムでしょうか。今のチープ・トリックも好きだけど、個人的にはこの4thまでがスペシャルなのでした。“Gonna Raise Hell”にはビビったけどね。長い曲を演ってみたかったんでしょう。しかしご安心あれ。“I’ll Be with You Tonight”でホッとするよ。“Voices”と“Writing on the Wall”もいいです。が、マイブームはこれにて終了するのです。その後何枚か聴いてますが、未だ現役ってのがうれしいね。これからもパワーポップ&パワーバラード路線を突き進んでいただきたいです。何をやったって“Dream Police”ほどは売れないんだろうから自分たちが好きな音楽を貫いてほしい。好きなことができるくらいには売れてるもんね。一生付き合いますよ。



#1015 / ALL SHOOK UP / 1980

★★★★

Cheap Trick all shook up (320x320)

デビュー以来の付き合いだったトム・ワーマンに代わるプロデューサーは…なんとfifth Beatle(ビートルズ5番目のメンバー)と呼ばれたサー・ジョージ・マーティンなのだ!という5thアルバムです。バンドが依頼したんだよね!? まさかサーがやらせろと言ったのか?リック・ニールセンが意図的に作ったんだと思うけど、ビートルズ風の曲もあるね。ん?今までもあったか。そもそもビートルズファンだと思われる(笑) 基本はいつものロックンロールとバラードですが、「サージェント・ペパー」風というか、随所にSEが使われてるのがプロデューサーが持ち込んだ新機軸でしょうか。よく聴いてたのは前作までで、このアルバムに思い入れは無いですが、とりあえずロビン・ザンダーが歌っていれば聴けちゃう。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional