Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

森田童子

森田童子(JPN)

#187 / Good Bye / 1975

★★★★★

森田童子 グッドバイ (320x304)

女性フォークの最重要人物、そのデビューアルバムです。同級生のペキンに、レコードを貸してもらったかカセットテープに録ってもらったか、少々曖昧な高校時代の記憶ながら実に思い出深い作品です。ペキンの家まで(中国じゃないぞ)長距離を歩いたことや、千葉の岩井での出来事は鮮明に覚えている…ってペキンの想い出(中国じゃないよ)を語ってどうする!いい思い出だが割愛します。さて、森田童子ですね。イメージ的には暗い部類になるのかな。山崎ハコあたりが比較対象かと思いますが、残念ながらハコさんはほぼ知らない。なぎらけんいちがその暗さをネタにしていた事とか、かの有名な“呪い”くらいだな。「高校教師」という名作ドラマを知っているでしょうか。野島伸司脚本作品では古い名曲が使われることが多い。野島の好みで選曲しているのは間違いない。彼は同じ歳だったりするからよく分かる。カーペンターズ、アバ、サイモン&ガーファンクル、クイーン等ベタな洋楽が多いのも特徴だ。そんな中「高校教師」の森田童子は異色かもしれないが、ドラマのイメージを決定付ける素晴らしいチョイスだったと思う。使用された楽曲は2nd収録ですが…。さてこちらのデビューアルバムですが、個人的にはオープニングの“早春にて”からエンディングの“さよならぼくのともだち”に至るアルバム全体が一つの楽曲という印象なんだね。とにかくいつも通して聴いてたから。トータルタイムが短いゆえ余裕で聴けちゃうわけよ。個性が爆発していると思いますがシンプルなフォークアルバムです。初心者には2ndか、無難にベスト盤をおすすめします。



#1383 / マザー・スカイ / 1976

★★★★

森田童子 マザースカイ (320x300)

楽曲のほとんどの編曲を石川鷹彦(元六文銭)が担当した2ndアルバムです。デビューアルバムはアマチュアに毛が生えた程度の作品(もちろん好きですよ)でしたが、今回は随分と洗練されたプロの作品という感じです。「高校教師」でリバイバルヒットした“ぼくたちの失敗”(2ndシングル)がリーダートラックのアルバムです。かのドラマであの名場面に強烈な印象を残した“男のくせに泣いてくれた”も収録。真田広之が男のくせに泣いてたよね。櫻井幸子も可愛さのピークだったなってな具合に、どうしたって「高校教師」の話になってしまうね。実はこの2ndはドラマを観てからの後追いだったりするから仕方ない。縁あって1stアルバムは聴いたけれども、当時の主食は洋楽、特にハードロックだった故なんですね。バンドを組んじゃったからさ。そうなると聴きたい洋楽が多すぎて…という「あるある」だね。なもんで、世間的な評判に反して、このアルバムには「高校教師」がらみの前出曲くらいしか思い入れはありません。そんな中、“伝書鳩”と“逆光線”はさすがに鮮烈だった。特に“逆光線”の描写はヤバいね。放送禁止でしょう。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional