Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

TED NUGENT

TED NUGENT(US/米)

#1998 / CAT SCRATCH FEVER / 1977

★★★★

Ted Nugent cat scratch fever

もちろん名前は知っていた。初めて聴いたのはヤングジョッキー。オンエアされたのはおそらく#2”Wang Dang Sweet Poontang”と#7”Sweet Sally”と#10”Out of Control”だったと思われる。前作もオンエアされたようだが記憶に薄いので3rdアルバム「傷だらけの野獣」をチョイスしてみた。所謂ハイ・エナジー・ロックンロールです。ギターを弾きまくりながら歌うスタイルはロリー・ギャラガーのロックンロール版といった趣で、とりあえずシンプルなのがいい。オープニングのタイトルチューンの声はジーン・シモンズに似ている。キーが普通だと似てるってことは地声が似てるんだね。2曲目、キー高めだと喉を絞っているからでしょうか、あまり似てない。テッドが歌っているのは3曲だけ。テッドの片腕、デレク・セント・ホルムズが他の曲ではリードヴォーカル。後にMSGにも関わるギター&ヴォーカルです。この人がリズムギター、リードギター、バッキングヴォーカル、リードヴォーカルをテッドと分け合っているのね。おいしいツインリードが聴けるインスト”Home Bound”あたりで強みを発揮している。ゲスト陣の中にボズ・バレル(KING CRIMSON)の名前を発見。師匠もヤングジョッキーのリスナーだったから聴いていたはずだが、候補曲に挙がったことがないのは何故か?楽器の構成としてはバッチリだし、ギターソロだって長めだからね、ちょっと不思議な気がする。ヴォーカルのキーだって問題ないのに。弾いてみたいと思うギタープレイじゃなかったのか、まあ当時は他にいくらでもいいHRバンドがたくさんいたからね。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional