Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

SEBASTIAN HARDIE

SEBASTIAN HARDIE(Australia/豪)

#90 / FOUR MOMENTS / 1975

★★★★★

Sebastian Hardie four moments

母体となるバンドにマリオ・ミーロが加わったのが73年。2枚のアルバムを残したのみですが、オーストラリアのプログレで思い浮かぶ筆頭部グループです。歌心のあるマリオ・ミーロのギターと、メロトロンを中心としたキーボード・オーケストレーションがウリの、オーストラリアの大地が眼前に浮かぶ、大陸的シンフォニックプログレです。いや、ともすればプログレを飛び越えているのでは。牧歌的というか自然体というか、オーストラリア大陸産ならではの個性かと思われる。特に難解なわけでもなく、テクニックをひけらかすでもなく、お洒落でもなく、きらびやかでもなく、ただただ美しいメロディが詰め込まれたやすらぎの音楽がここにある。まだ20歳だったマリオ・ミーロ恐るべしです。デビュー作「哀愁の南十字星」です。安易だけどプログレ担当氏グッジョブ!南半球の人たちってことのみならず、演ってる音楽性まで透けて見えるナイス邦題じゃないですか。冒頭からの4曲(LPにおけるA面)が、4楽章から成る組曲ということで、原題「FOUR MOMENTS」とはこれらを指していると思われます。トータルすると21分くらい。続くB面1曲目の冒頭は再度A面のエンディングが奏でられ、これまでの演奏を総括する6分となっており、個人的にはPINK FLOYDの”原子心母”が思い浮かぶ展開が感動的でした。そしてラスト、13分に亘る一大インスト”Openings”でさえ、尺は長いが決して飽きることはない…と言いたいところですが、気が短い人は飽きるでしょう(笑)



#291 / WINDCHASE / 1976

★★★★★

Sebastian Hardie windchase (320x320)

2nd。惜しくもこれを最後に解散してしまいました。
1stと同路線の作品で相変わらずスケールがデカいという感じ。
アーシーなシンフォ・プログレです。
数あるプログレの中で貴重な存在だったのに残念だね。
ヨーロッパ生まれのプログレがアメリカに渡ったらカンサスになり、オーストラリアに渡ったらセバスチャン・ハーディになった!
日本代表は…四人囃子かな?
それぞれの大陸の風土が新たなプログレを生み出す素晴らしい時代でした。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional