Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

CRIMSON GLORY

CRIMSON GLORY(US/米)

#79 / CRIMSON GLORY / 1986

★★★★★

Crimson Glory crimson glory

高校時代にアマチュアバンドを結成し、ヴォーカル&2ndギターを担当、いろんなバンドのコピーをしました。とはいえギターのコピーはほぼ全て師匠任せ、手取り足取り教えてもらうから問題なし。頑張らなくちゃならないのは歌うこと。まずは英語の歌詞を覚えなければならない。究極、日本人の耳が英語と認識できればいいわけで、誰が間違えに気付くんだよって話だから、細かいことは気にしなくても問題ないのだが、そこはちょっと拘ったりして。正確に覚えたうえでレコードの歌に寄せていきたいのね。で、洋楽ばかりコピーしているとすぐに気づくことがある。「なぜ外人はあんなに高い声が出るのだろう?」リード・ヴォーカルじゃない人まで高い。普通に高い。声帯が根本的に違うんだという結論に達する。それでも…ギターの奴(師匠)とかが「この曲やろうぜ」と簡単に言いやがるわけよ。しかしだ!「じゃ頑張ってみるか!」という気にもならないレベルってのがある。CRIMSON GLORYのシンガー、ミッドナイトがまさにソレ。ハナから無理レベルなのよ。10段階評価の11ですよ。凄ぇの一言です。というわけでデビューアルバムです。仮面を付けるというコンセプトは必要なかったと思われるほどの、ドラマチック&メロディックなヘヴィメタルです。USながらUKあるいは欧州の翳りを伴った楽曲が特徴です。オープニングの”Valhalla”で掴みはオーケー、その後も総じて素晴らしい楽曲が繰り出されますが、トリの”Lost Reflection”は別格だと思う。LIZZY BORDENのショックロックの香りも漂う名曲だ。屋根裏部屋での生活…この歌詞からatticという単語を学びました。♪Life in the attic, I like my rocking chair staring at shadows♪



#271 / TRANSENDENCE / 1989

★★★★★

Crimson Glory transendence (320x320)

2nd。ミッドナイトのVoはここでも冴えわたっています。
どうしても1stのインパクトには負けてしまうけれど曲はいい。
何より3rdで大きく方向転換してしまう(というレビューを読んだだけで実際には聴いてません)だけに貴重なアルバムなのは確かなようです。
2009年ミッドナイトは47歳で亡くなりました。
そろそろ3rdも聴いてみようかなと思う今日この頃です。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional