Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

STRATOVARIUS

STRATOVARIUS(Finland/芬蘭)

#684 / TWILIGHT TIME / 1992

★★★★

Stratovarius twilight time (320x320)

ストラトキャスター+ストラディヴァリウス→ストラトヴァリウス。リッチー・フォロワーのネオクラギタリスト、ティモ・トルキが歌も担当してベースも弾いてる2ndアルバムです。デビュー作より一気に良くなりました。2曲目に収録されている”The Hands of Time”が特に素晴らしい。疾走するリズムに半分のテンポのゆったりとしたヴォーカルのコントラストが当時は斬新でハマったね。この後こういうパターンの曲をよく耳にするようになった気がするな~。先駆的楽曲だったのかも。一般的には、最高傑作と呼ばれているのは別のアルバムなんですね。メロディック・パワー・メタルに移行して、イェンス・ヨハンソン(SILVER MOUNTAINYNGWIE MALMSTEENほか)とヨルグ・マイケル(RAGE、MEKONG DELTAAXEL RUDI PELLほか)が加わった頃の「VISIONS」あたりが一番人気でしょう。特に思い入れが無いなら、コレは最初に聴く1枚じゃないかな。どうしてもコティペルトが嫌だというなら話は別ですが(笑)



#1804 / VISIONS / 1997

★★★★

Stratovarius visions

フィニッシュメタルバンドの6thアルバム。スピードチューンからバラードまで、よくあるパターンながら、巷間傑作と呼ばれているようです。”Black Diamond”や”Kiss of Judas”や”Forever Free”がライブの定番曲とのこと。タイトルチューンは10分超の大作だ。これで人気を確実なモノにしたわけなんだけども、個人的にはこの辺りで見切りをつけました。実のところ前作も、前々作も、デビュー作も…ぶっちゃけ2nd以外は眼中にないと申しましょうか、何となく聴き続けてしまったバンドですね。「トワイライト・タイム」再びとの期待があったのかも。今作はCDレビューに関してB誌とティモ・トルキが揉めてたのを思い出す。読み返してみると…クロスレビューは3者とも小馬鹿にした内容にもとれる。80点以上を献上しているにもかかわらず、「お約束の王者」等の文言が飛び交ってます。でもね、この寸評は的を射てるよ。どのレビューにも同意できる。コレで怒るのはコメントが芯を食っていたからに他ならない。インナーレビューを書いているキャプテン和田はさすがに好意的内容ですけどね、私もコティペルトはイマイチだと思います。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional