Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

PRAYING MANTIS

PRAYING MANTIS(UK/英)

#48 / TIME TELLS NO LIES / 1981

★★★★★★★

Praying Mantis (320x320)

出会いは「METAL FOR MUTHAS」収録の“Captured City”でした。同アルバム中、IRON MAIDENとともにとても印象的でした。NWOBHM期の代表的なバンドです。中心人物はティノとクリスのトロイ兄弟。ビッグ・イン・ジャパンの代表格でもあったりする(笑) 同時期の数ある作品中トップクラスに位置するのがこのデビューアルバム「戦慄のマンティス」でしょう。ツインギターが炸裂する珠玉のメロディ満載の抒情派ヘヴィ・メタルだよ。その後の事も考えると、これはもう奇跡の1枚と言うしかないのです。捨て曲など一切ございません。まだ若かっただろうに、曲がよく練られてるよね。名曲“Running for Tomorrow”を是非聴いてください。これがPRAYING MANTISさ。ロドニー・マシューズのジャケットがこれまた美しい。約10年のブランクを経て単発でいい曲も書いてますが、このアルバムを超えるのは至難の業…というか99%無理でしょうね。まあ、あきらめずにRUNNING FOR TOMORROW(笑)



#1173 / PREDATOR IN DISGUISE / 1991

★★★★

praying mantis predator in disguise (320x320)

中野サンプラザで行われたNWOBHM10周年コンサートを機に製作された2ndアルバムです。トロイ兄弟以外のメンバーが交代してますが、その中にG&Voでデニス・ストラットンが居るんだね。前出コンサートで意気投合したのかな。NWOBHMの筆頭IRON MAIDENの元メンバーだからね、期待できると思ったよ。しかし…結果は微妙でした。Keyの薄いベールに包まれたような何ともハッキリしないサウンドに違和感バリバリ。良かったのは5曲目の“Time Slipping Away”(昔の曲だと聞いて納得)とインスト“The Horn”くらいかな。1曲目も悪くはないけど1stのそれではなかった。勢いでストラットンと組んだのは失敗でしたな。ジャケを手掛けたのは今回もロドニー・マシューズだから間違いなし。傑作デビューアルバムに匹敵するのはジャケと5曲目だけと言ってしまおう。



#1908 / CAPTURED ALIVE IN TOKYO CITY / 1996

★★★★

Praying Mantis captured

このライブ盤の特記事項は、兎にも角にもメンバーの顔ぶれだ。トロイ兄弟は当然として…ギターのデニス・ストラットンもまあ在籍期間が結構長いからアレだとして…ヴォーカルがゲイリー・バーデン、ドラマーがクライブ・バーだということ。このメンツ、アルバムの出来はさておき、奇跡的な巡り合わせと言えるのでは。奇しくも元IRON MAIDENが2名揃って、シンガーはMSGとなれば、HMファンは俄かにざわつくでしょ。96年なのでライブアルバムとしてはいい音で録音されてます。持ち味のコーラスワークもバッチリ。残念なのはゲイリー・バーデンの歌唱。そもそも往年のMANTISの楽曲に合わない(粘っこい歌い方は個性的でいいのだが)ことに加え、概ねライブだとイマイチ(笑)。クライブ・バーも急遽参加ってことで曲の細部までは覚えていないらしくメリハリが効いてないかも。よく聴いたアルバムだけに、1stからの楽曲が特に気になる。具体的には”Children of the Earth”と”Cheated”と”Flirting with Suicide”と”Captured City”だね。それでも”A Cry for the New World”とか”Don’t Be Afraid of the Dark”なんかはあらためていい曲だと思うし、これを機に2nd以降のスタジオ作品をしっかり聴いてみようって気になったよ。ちなみに”Armed and Ready”も演っているのだが、マイケルじゃないとこうなっちゃうのねって仕上がり。単純に盛り上がるから良しとするか。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional