Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

WINGS

WINGS(UK/英)

#228 / WINGS GREATEST / 1978

★★★★★

Wings greatest (320x320)

ご存知ポール・マッカートニーが、ビートルズ解散後に結成したバンド唯一のベスト盤です。71年~78年にリリースされた6枚のアルバムから12曲がチョイスされている。ビートルズと比べたらそんなに知らないよねと思いきやですよ、意外と耳にした曲が多いのではないでしょうか。そりゃあそうさ、あのポールが作曲してるわけだから。一度聴けば耳に残る。もちろん好きなアルバムはありますが、好きな楽曲が分散されているのも事実なわけで、イチオシアルバムを何にしたらいいか実に悩ましいバンドなのね。”Band on the Run”と“Jet”を収録した「BAND ON THE RUN('73)」は当然捨て難く…① ジャケが最も印象的だったのは「VENUS AND MARS(’75)」だったけど…② 結局一番の想い出は“Silly Love Song/心のラヴ・ソング('76)”だったりするし、だったら”Let ‘em in/幸せのノック”も収録されている「SPEED OF SOUND」か…③ gutsあたりの音楽雑誌にスコアが載っていた“Mull of Kintyre/夢の旅人('77)”はアルバム未収録、バグパイプの響きが新鮮で、スコットランドのキンタイア岬が思い浮かぶフォーキーな名曲。しかもフォークギターを弾き始めた頃の忘れ難い曲だから外せない…④ ”With a Little Luck/しあわせの予感”は好きだけど収録元の「LONDON TOWN」に馴染みはない…⑤ この散漫な記憶の数々を1枚で解決してくれるとなればもうコレしかあるまい。というわけで①③④より今回はこのベスト盤をオススメします。そういえばLPを持っている唯一のWINGSでした。



#354 / WINGS AT THE SPEED OF SOUND / 1976

★★★★

Wings at the speed of sound (320x320)

想い出のSONY120分テープに録ってあった“Silly Love Song/心のラブソング”(全英2位、全米1位)が収録されてるという理由で買った5thアルバムです。アルバム自体も全英2位、全米1位を獲得しました。お目当ての曲はベスト盤や各種コンピにも入っているので、オリジナルアルバムはスルーしてきたんだけどね、76年の空気感に魅かれてというか、好きな曲が入ってるんだからアルバム全体を聴いておこうかと思っちゃったんだね。当該曲と“Let ‘em In/幸せのノック”はポール節炸裂で文句なし。ベースプレイもいい。そして、アルバムの要所に確実に秀逸な楽曲を配しているのは流石です。しかしどうだろう!? ポール以外のメンバーによるリードヴォーカル曲を半数近く(5/11)入れちゃうというのは、それを望んでいるファンがいるのかい?リンダはまあ許すとして(声が低いから注意していないと彼女とは気付かない)他の人のヴォーカル曲は要らないと思う。よりバンドらしさを出すためとのことだが、やりすぎましたね。そういう意味で微妙なアルバムだ。ウチにあるのは再発盤で、ボートラとしてポールのお父さんがらみのカントリー曲と、シングルB面の“Sally G”(これもカントリー調)を追加収録。アメリカンスタイルの楽曲は父親の影響だったんですな。



#579 / BAND ON THE RUN / 1973

★★★★

Wings band on the run (320x320)

ビートルズと比べても意味がないのね。もっともそれはWINGSに限ったことじゃないんだけれども。稀代の天才メロディ・メイカーのセカンド・ステージ…それでいいじゃない!?ビートルズと一緒にヒロヤンに録ってもらったか、エアチェックしたか定かではありませんが、冒頭2曲“Band on the Run”と“Jet”ばかりを聴いてたね。タイトル曲の方は戦争映画で使われてたのが印象的だった。調べてみたらどうやら「キリング・フィールド」の挿入歌だったらしい。ベトナム戦争の映画だと思ってたのに…勘違いか!?「四方を壁に囲まれて永遠にここから出られない。もう誰にも会えない」という歌詞が色々な場面に当てはまってしまうんでしょうな。そのまんま「バンド・オン・ザ・ラン」という映画もあるみたいよ。



#888 / VENUS AND MARS / 1975

★★★★★

Wings venus and mars (320x318)

カセットテープ時代(レコードは持ってなかった)から今に至るまで何回聴いたことだろうか?ってくらいよく聴いたアルバム。ちょっと前にラフ・ミックスと銘打ったCDを購入した際にも比較するためにオリジナルを確認したしね。結局そのラフ・ミックス盤は微妙で…オリジナル盤の偉大さを再確認するために買ったようなものでした。ビートルズ関連ということは中学時代にヒロヤン経由で入手した可能性が高い。エアチェックが先で後に録ってもらったパターンでしょうね。一般的にもヒプノシスのジャケも有名な名盤とされています。“Rock Show”なんかが入ってるわけですが、何度も聴いてるせいで、どれもこれもお気に入り。バラエティに富んだ楽曲の中でポール節が炸裂してます!バンド・オン・ザ・ランの元気なノリも心のラブソングのお洒落な雰囲気も好きだけど…トータルするとコレがWINGSの最高傑作だと思う。ヒプノシスのジャケもシンプルで美しい。赤いのがヴィーナス(愛と美の女神)で大きいのがマーズ(戦の神)だろうね。二人は恋人同士なんだよ。ちなみにその子供がエロス(キューピッド)なのだ。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional