Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

TRIUMPH

TRIUMPH(Canada/加)

#12 / JUST A GAME / 1979

★★★★★★★

Triumph just a game (320x320)

カナダに限らずトリオバンドの中ではトップクラスのメロディ・メーカーと断言してしまいましょう。リックが去るまでは同郷のRUSHと双璧でしたね。迷うことなくまずは名盤3rdのこちらを紹介しないわけにはいきませんね。中でも“Lay it on the line”が名曲すぎちゃって想い出深さはハンパない。珠玉の名バラードですよ。当然コピーすることになったんだけどね、この曲のキーはちょっと無理がある。ヴォーカルの無理宣言でボツになったパターンでした。ギターソロも感動的なんですが、そのコード進行までもが実に美味しい展開なのさ。もしハードロックベスト20なんてのを編集するとしたら迷わず選曲してしまうキラーチューン!このトリオ、ギター(リック・エメット)とドラマー(ギル・ムーア)がリード・ヴォーカルを分け合ってるんだけど、それぞれに個性があってどちらもイイ!リックは透き通る溌剌ハイトーンでギルは艶のあるセクシー系?ドラマーが歌うのってさあ、それだけでもカッコいいよね。EAGLESの“Hotel California”のPVはツインギターもさることながら、そこも衝撃的でした。アメリカンロック調もありブルーズ調もあり定番となったギターの小曲もありです。“Suitcase Blues”なんてレトロ調もまた味わい深い。で締めくくりの“Hold On”みたいなのがTRIUMPHの…というかリックの真骨頂かもしれないね。ドラマチックでちょい長めの曲ね。何度も聴いてみてよ。バラエティに富んだ素敵なアルバムだから。ジャケもいいでしょ。定番のバンドロゴはここで決定したんですね。ちなみにプロデュースはベーシストのマイケル・レヴィンなんだよ。ヴォーカルの2人ばかりに注目が集まっちゃうけど、裏方もこなす1/3なのでした。



#167 / ROCK&ROLL MACHINE / 1977

★★★★★

Triumph rock & roll machine (320x320)

カナディアンハードロックトリオの2ndです。このアルバムもよく聴きましたね。特にタイトルチューン!飽きるほど聴き倒したよ。しかも、師匠がこの曲の長いギターソロに自分のソロをかぶせて遊んでいらっしゃいました。今やそっちのバージョンが普通に聴こえるようになってしまうとは…さすがです師匠。USフェスティバル83出演時にも演奏してましたが、リックのギターソロが長尺ソロタイムになってて、とにかく楽しげに引き倒してました。あとはジョー・ウォルシュの“Rocky Mountain Way”をカバー。いいアクセントになってるよ。というわけで次回作3rdが例の名盤ゆえこちらも必聴ですね。それと、このアルバムは音そのものはもちろんのこと、バランスもいいね。ドラムの音が特に好きだな。あまり加工しなくて成功してる。トライアンフは「THUNDER SEVEN」までは好きだけどそれ以降は微妙なのね。花の盛りは短いのだよ。



#212 / ALLIED FORCES / 1981

★★★★★

Triumph allied forces (320x320)

邦題「メタル同盟」ですね。ヘビメタの流行に乗ったTRIUMPHにしては結構ハードロック度が高い作品となりました。いい意味で洗練されメジャー感も漂う過渡期のアルバムという位置づけでしょうか。ちょっと違うんじゃないかと思いつつも結局よく聴いたな~。貸しレコードだったけどね。バンドはコレを機にアメリカでも知名度がぐーんとアップしましたね。ジャケもカッコいいです。同時期のライブ映像で見るリックは、アメリカ人以上にアメリカンなのでした。あの顔で、あのスパッツで、走り回り、弾きまくる。お得意のフラメンコギターも楽しそうだ。Mr.Americaクリス・クリストファーソンを連想してしまうのは私だけでしょうか?



#328 / NEVER SURRENDER / 1983

★★★★★

Trimuph never surrender (320x320)

リック・エメットの声がとにかく好きだ。でもギル・ムーアも間違いなくトライアンフの声だから好きだ。もちろんこのアルバムでも両者の声が聴けます。お約束のリックのギター小曲もあるし、この時期の作品を聴いている限り間違いないっす。
♪Writing on the wall♪
最近またライブ映像を見てみたけど…このトリオはかっこいい。
リックのギターソロタイムは熱いね!時折グチャグチャしてるのはご愛嬌。
クラシカルなフレーズやお得意のフラメンコなど挟みつつ全体的には勢いで煽りまくって嵐のように過ぎてゆく…ロックスターだ!



#463 / PROGRESSIONS OF POWER / 1980

★★★★★

Triumph progressions of power (320x320)

「Just a Game」と「Allied Forces」に挟まれた4thだからそれぞれのいいところがブレンドされてるね。
このアルバムの中では“Hard Road”がダントツで好き。
♪Yesterday's victim…tomorrow's hero♪











#523 / STAGES / 1985

★★★★★

Triumph stages (320x320)

“ロックンロールマシーン“とか“レイ・イット・オン・ザ・ライン”など古い曲もあるんだがこの時代のライブだから個人的には全体的にちょい新しすぎるんだね。
いやもちろん好きだけどさ。いいライブ盤だと思うよ。トリオなのにね~。
「ALLIED FORCES」で売れたからその周辺の曲で構成されるのは仕方ないかなと。
ライブDVDの「US FESTIVAL」なんかもこの流れだし…
でもカナダじゃ元々売れてたんだろうから、もっと古い発掘音源or映像を期待してます。





#598 / TRIUMPH / 1976

★★★★★

Triumph in the beginning (320x320)

カナダの至宝の記念すべきデビューアルバムです。ウチにあるのはワールドリリースされた95年CDリイシュー盤「IN THE BEGINNING…」となります。このジャケね。かつて師匠に録音してもらったのはもちろんLPだったからジャケ違い。中央にメンバー3人を配置した当たり障りのないジャケですな。最初からメジャー級の待遇だったのか、すでに音がいいです。オープニング、ギルが歌う“24 Hours a Day”タイプのノリも、リックが歌う“Street Fighter”的なヤツも、どっちのタイプも好きだね。この二つの個性の融合がトライアンフなのだよ。ハイライトはエンディングの“Blinding Light Show/Moonchild”ですね。冒頭のドラムの音を聴くと、本アルバムの音質の良さが分かるぜ。タイトでキレッキレさ。中盤のクラシックギターパートも堪りません。動と静のコントラストが見事な8分41秒を是非ご堪能あれ。



#640 / THUNDER SEVEN / 1984

★★★★★

Triumph thunder seven (320x314)

7枚目のアルバムだからサンダーセブン。前作まで借りて済ませてたレコードを遂に買ったのでした。ここまでのトライアンフは素晴らしかったね~。次の「THE SPORT OF KINGS」もレコードを買ったんだけど…決して悪くはなく結構評価も高かったりするけど…終わったかな~と個人的には思いました。その後リックが抜けてホントに終わってしまうとは!“Spellbound”も“Follow Your Heart”もいいし“Time Goes By”から“Midsummer’s Daydream”と“Time Canon”を経ての“Killing Time”なんて鳥肌モノですぜ。名作「JUST A GAME」に匹敵する楽曲の充実ぶりだと思うよ。リックお得意にしてお約束のギター小曲もブルーズ曲も押さえてます。



#702 / GREATEST HITS REMIXED / 2010

★★★★★

Triumph greatest hits remixed (320x320)

オリジナル音源を聴き倒したクチだからリミックスがすごく新鮮に聴こえる。文句なしに面白い!最新技術でダイナミックだ。こういうリミックス盤は大歓迎ですよ。いろいろなバンドで試みてほしい企画だな。このレベルの変化なら出費も厭わないぞ。つーか輸入盤は安いし。しかもコレはDVD付き。お買い得ですよ~。トライアンフ・ファンこそマストバイでしょう。選曲も問題なし。それにしてもカッコいいトリオバンドだよね。
同じデザインで青いジャケの「DIAMOND COLLECTION」という10枚組もありますがこちらはリマスターのみ。リミックスなら買うんだけど…全曲リミックスしてる場合じゃないってか!?



#1012 / THE SPORT OF KINGS / 1986

★★★★

Triumph the sport of kings (320x320)

解散に向っている様子がちょいと窺える8thアルバムです。いや、その後のバンドの歴史を知ってるから言えることでした。コレを聴いた時点では思いもよらなかったさ。前作「THUNDER SEVEN」の出来が良かったからイマイチだとは感じたけど。“Somebody’s Out There”はいかにもリックな明るさが良い。お得意のフラメンコインスト炸裂の“Embrujo”~“Play with the Fire”が文句なしのハイライトでしょう。ギルとリックが交互にリードヴォーカルを担当してるだけでなく“Hooked on You”ではありそうでなかった(あったかな…)デュエットだもの。この時点では仲良くやってるのにね。いいバンドだったな~。



#1166 / ROCK 'N' ROLL MACHINE / 1977

★★★★★★★

Triumph rock 'n' roll machine2 (320x320)

1stと2ndの美味しい所をチョイスしたInternational Editionという代物になります。今思うと、かつて師匠に録ってもらったのはコレだったね。そもそもはテープの余りに“Blinding Light Show”やら“Rock ‘n’ Roll Machine”を単品で録ってくれたんだと思う。当然気に入って、後に丸ごと録音してもらったって経緯でしょう。今回確信しました。間違いなくこの曲順だったよ。そういえば師匠が1stと2ndが混じってるバージョンとか言ってた気がするわ。おそらく当時はコレしか手に入らなかったんだろうね。なんかスッキリした(笑) というわけで、ベスト盤とも言い切れない微妙な作品ではありますが、オイシイ選曲なのは間違いなし。反則スレスレなのは承知の上で星7つ献上致します。師匠だけ同意してくれればいいってことで自己完結。御免!



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional