Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

STEVE VAI

STEVE VAI(US/米)

#428 / PASSION AND WARFARE / 1990

★★★★

Steve Vai (320x320)

ギター・インスト・アルバムの金字塔ということでいいよね。速さ競争がひと段落したところに登場した、メジャー感のある新しいタイプのギターアルバムです。冒頭からヴァイ節全開。“Maybe human…still animals…”期待感を煽られる台詞。果たして期待通りの煌びやかなプレイが炸裂しますよ。ジョー・サトリアーニからギターを習い、フランク・ザッパの一門に加わり、メタル畑ではグラハム・ボネットのALCATRAZZでその特異性を如何なく発揮し、更にはデヴィッド・リー・ロスと2枚のアルバムを製作、とどめはデヴィッド・カヴァーデイルのWHITESNAKEで「SLIP OF THE TONGUE」をレコーディング、という輝かしいキャリア。そのキャリアを引っ提げて作られたのが本作というわけで、漂うメジャー感には斯様な裏付けがしっかりあるのでした。その後グラミー賞の栄誉も授かり、ソロアルバムもコンスタントに発表してるんだけども…方向性がどうもね、ザッパ師匠的発想なんだろうか、難解と評される類の作品にはあまり魅力を感じないかな。最初に聴くならコレにしましょう。



#1641 / SEX & RELIGION / 1993

★★★★

Steve Vai sex and religion (314x320)

ザッパ・ファミリーからメタル畑に飛び出して一気に注目されたギタリスト。ヴォーカル(ギタリストでもある)にデヴィン・タウンゼンド(当時21歳の新人でした)、ベースにT.M.スティーヴンス(空耳アワーで有名な「尼、僧侶 / I’m Zulu」は彼の声らしい)、ドラムにテリー・ボジオ(ザッパ・ファミリーでもある)を迎えてVAIというバンド名義で作られた4thアルバムです。ヴァイのギターは後の作品と比べると結構出番が多く、ヴォーカルやキーボー、シタールまで披露しています。特徴のある歌メロやハーモニーはデヴィンがもたらしたものでしょうか。その後の彼の作品も何枚か聴きましたが…音の洪水状態の音楽はイマイチ好きにはなれなかったけど、メロディラインはこんな感じだったと思う。バラエティに富んだ内容です。お約束のインスト曲もあるのだが、今回は新人ヴォーカルを擁してのバンド形式であるからして、ソロアルバム感はあまりない。難解さ(ザッパ化)に拍車がかかる後の作品に比べたらこっちの方が断然いい。ラストに長尺曲が連続しまして、やはりハイライトは生命讃歌“Down Deep into the Pain”でしょうね。曲者揃いのスーパーグループによるいいアルバムなのに、コレに続く2枚目は無かったね。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional