Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

QUEENSRYCHE

QUEENSRŸCHE(US/米)

#70 / THE WARNING / 1984

★★★★★

Queensryche the warning (320x320)

レコードを買ったのはEPの路線を期待してのことでした。当時は正直「おや?」と思ったよね。予想していたものよりハードじゃない!でもね、ジェフ・テイトの真骨頂はこっちの路線だったのさ。演劇チックと言ってもいいプログレッシブメタルだね。曲も一気にスケールアップした。EPとは別のバンドみたいだ。クリス・デガーモとマイケル・ウィルトンのツインギターチームもいい仕事してます。特にアナログA面の最終曲“NM156”とアルバム最終曲の“Roads to Madness”は素晴らしい。この路線で「オペレーション:マインドクライム」というコンセプトアルバムの金字塔を打ち立てるわけだ。プログレメタル満開の音もいいんだけど、個人的にはプログレ臭が少ない頃が好き。やっぱりファーストフルのコレだね。とにかくジェフ・テイトのVoは衝撃的だった。ロバート・ハルフォード級だと思ったよ。そのMetal Godと共演した「スターズ」でもジェフはひときわ輝いていました。よくあることですが…いつのまにかクイーンズライチからクイーンズライクに表記が変わりましたね。



#186 / OPERATION:MINDCRIME / 1988

★★★★★

Queensryche operation mindcrime (320x320)

ヘビメタ史に名を刻んだ3rdです。コンセプトアルバムの金字塔と言われているからには聴いておかないといけないでしょうね。個人的にはコレ以前の作品にこそ思い入れがあるのだが…なんだかんだでこのアルバムもよく聴いたな。レコードは買わずカセットテープでした。この頃のジェフ・テイトは凄いっす。喉の調子は絶好調!もちろん曲の出来も秀逸。ハードさも残しつつの一大ストーリーアルバム。オープニングの“I Remember Now”でビビっときた。前作2nd最後の曲が“I will Remember”だったんだよ。関係あるでしょ絶対。およそ20年を経て続編がリリースされましたが…ストーリー的には「あり」だしナイスアイデアではあったと思いますが、サウンド的には「ふ~ん」でした。相手が金字塔なんだからそれは無理でしょう。超えられないのは承知で3部作にしてほしいところでしたが…とうとう分裂しちゃったね。まあジェフが凄腕ギタリスト兼ソングライターと組めばいい話さ。



#365 / RAGE FOR ORDER / 1986

★★★★★

Queensryche rage for order (320x320)

個人的には“Gonna Get Close to You”がやけに印象的な2ndアルバム「炎の伝説」です。浮いてるから目立ってるわけだけど…やっぱりカバーだったのね。リサ・ダルベッロ(知らないな~)というカナダのシンガーの4thアルバムに収録されてる曲みたいだね。今さらながらに聴いてみようか。YouTubeで済まそう。ここでもとにかくジェフ・テイトは凄いよ。そもそもこのバンドに注目した最大要因はそこだから文句なし。欧州産のウェットさも漂う「The Warning」と完全なコンセプトアルバム「Operation:Mindcrime」の間に位置する作品だから音楽的にもまさにそれらの橋渡し的な感じ。いわゆるひとつのプログレッシブロックだね。最後の曲で次のコンセプトは決まったのかな。それとも最初から計画的だった?オペラを勉強してたのならミュージカルを演ってみたかったに違いない!



#971 / QUEENSRYCHE / 1983

★★★★

Queenryche (320x320)

これは結構な衝撃でした。ジェフ・テイト初御目見えの巻です。本物中の本物ハイトーンヴォイスだと思いました。高いだけじゃなくもちろん上手い。例えば…後に登場するマイケル・キスクなんかと比べてみると奥深さが違うんだな。オペラを勉強していたというのを知るのは後の事でしたが妙に納得しちゃったよね。それまでハイトーンといえばロバート・ハルフォードだったけど、すでにメタルゴッドになっていたので70年代の歌い方じゃなくなってたわけ。そこでジェフが登場したもんだからうれしかったね。このデビューEPの楽曲はQUEENSRYCHEの全カタログ中でいちばんハードロックしてます。若さゆえの直球路線。間もなく1stフルで本来のプログレッシブ・メタルを披露することになります。同時にジェフの歌唱も説得力を増します。GENESISの、というかピーガブのシアトリカル路線のハードロックバージョンだな。



#1195 / EMPIRE / 1990

★★★★

Queensryche empire (320x320)

そんじょそこらのバンドを聴いた後にこういうレベルの音を聴くとね、そりゃあもうクオリティの違いをハッキリと感じられるわけだ。客観的にやっぱり凄いと思う。ジェフ・テイトの歌唱、ツインギターの使い方、サウンドプロダクション、どれをとっても一級品に間違いない。有無を言わせぬ大御所感が漂ってるよ。でもね、面白いかコレ!? 同じ雰囲気の曲が並んでてメリハリが少々足りなくないかい?これまでの流れから迷走ではなく進化だってのはハッキリわかるんだよ。似たようなアルバムは1枚も無いからね。デビューEPのヘヴィメタル、デビューアルバムのドラマティックメタル、「RAGE FOR ORDER」のヴィジュアルメタルを経て、前作はその集大成みたいなコンセプトアルバムだった。でもこのアルバムは…形容する言葉が思い浮かばない。聴き込みが足りないのかね。クイーンズライクじゃなくてクイーンズライチが良かったよ(笑)



#1794 / OPERATION:MINDCRIMEⅡ / 2006

★★★★

Queensryche operation mindcrime ii

独裁者になってしまったジェフ・テイトと奥様が強引に制作に踏み切ったとされる、かの名盤の第2章なので、聴かないという選択肢はないでしょう。でもね、J・テイトとそのバックバンドみたいな状況だったなんて聞かされると、アルバムの出来が良くても素直に喜べなかったりするわけ。それどころかテイト夫妻の仁義を欠いた所業に腹が立つ。さて注目の第2章の内容は…ハードな曲調が目立つまずまずの出来です。ただし、前作とは比較にならないね。ヘッドセットマイク姿で、演技を交えつつ歌う姿ばかりが頭に浮かんでしまう。つまりパフォーマンスありきで作られた感じがして何となく嫌だ。他のメンバー達が危惧したとおりの結果に?ところが今作には大きな目玉企画が!何とドクターXにロニー・ジェームズ・デイオ、シスター・メアリーにパメラ・ムーアがゲスト参戦。ディオとは「スターズ」で共演した中だからね~、こればかりはジェフだからこそ実現したと認めざるを得ないでしょう。二人の参加でアルバムの価値がワンランクアップしたのは確か。今作を含め聴くのを止めようと思うポイントは過去にもあったのだが、この後も、カバーアルバムと「アメリカン・ソルジャー」は誘惑に負けて買ってしまいました。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional