Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

LUCIFER’S FRIEND

LUCIFER’S FRIEND(Germany/独)

#706 / LUCIFER'S FRIEND / 1970

★★★★

Lucifer's Friend (320x320)

SCORPIONS以前の貴重なドイツのハードロックバンド(ロートンはイギリス人)です。時代を象徴するいい塩梅の音像ですね。とにかく若い声で熱唱するロートンが抜群。HEEP時代よりキーが高いかな?クラウス・マイネに負けず劣らず。楽器陣の音も相俟ってSCORPIONSの1stとかURIAH HEEPの1stが思い浮かぶからそれだけで楽しいね。ボートラ5曲もいい。お得意のブラスロックやポップロックもいいアクセントだ。インスト曲(なぜ3曲も!?)ではDEEP PURPLEやRAINBOWが思い浮かぶ。リズム(カウベル?)が”Still I’m Sad“な曲もある。ロニー時代のRAINBOW、もしやコレがヒント!?何にしてもギターじゃなくロートンのヴォーカルを載せてほしかった。いろいろありますが完成度が高いと評判の「MEAN MACHINE」より断然好きです。



#844 / MEAN MACHINE / 1981

★★★★

Lucifer's Friend mean machine (320x320)

バイロンの後任としてURIAH HEEPに加入したロートンに代わってCOLOSSEUMⅡの1stで歌ってたヴォーカル(マイク・スターズ)が加入。でもやっぱり上手くいかず(てか何がやりたかったんだって話だよね)ロートンが出戻ることになりました。最後に一花咲かせましょうというか原点回帰といういか、どストレートなハードロック作品となりました。楽曲は可もなく不可もなくといったところか。ロートンのヴォーカルは間違いなく堪能できるのでソロアルバムだと思えば上々の出来でしょうな。結局このバンドは翌年解散となりました。それにしても…あのワイルド系セクシーヴォイスとヴィジュアルが一致しないロートン師匠です。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional