Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

KORPIKLAANI

KORPIKLAANI(Finland/芬蘭)

#1716 / TALES ALONG THIS ROAD / 2006

★★★★

Korpiklaani (320x320)

民族音楽を取り入れたフォーク・メタルの第一人者ということになっているらしいフィニッシュバンドの3rdアルバムです。フォーク・メタルといえばSKYCRADが思い浮かぶ程度ですが、このバンドはヴァイキングメタルでもあるみたい。特徴としては、独特な使用楽器が第一だと思われます。バイオリン、フルート、アコーディオン、そしてフィンランドの民族楽器ヨウヒッコ(ネックのない弓奏楽器)など。フォークってくらいだから電子楽器じゃあないわけね。邦題「世にもコルピな物語」。そして一般公募で選ばれた邦題の数々(「痛快!飲んだくれオヤジ」とか「呑めや、歌えや、夏休み」とか)と、色物扱いは否めないかも。各曲ごとに分かり安いテーマメロがあり、それを軸として進んでいくあたりメロデスとの共通点もある。そのメロが彼の地の民謡らしいが、オリジナルのメロはあるのかな。一聴してまずトム・エンジェルリッパーのビア・ソング・アルバム「アイン・シュナー・ターク」を想起。フィンランドもビールが人気らしい。寒い国だからアルコール度数の高い蒸留酒や、森で採れるフルーツの果実酒なんかも飲まれていると、コルピクラーニのイメージそのまんま。曲の展開はほぼほぼ同じだからね、#4みたいなタイプの曲がもうちょいあるといいね。3枚聴いた限りでは、どれも同じ趣ながら、コレが一番よかったかな。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional