Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

IMPELLITTERI

IMPELLITTERI(US/米)

#368 / ANSWER TO THE MASTER / 1994

★★★★

Impellitteri (320x314)

ギターヒーローのクリス・インペリテリ率いるバンドの3rdフルでございます。ポール・ギルバートをも凌駕する高速プレイってことで話題になりました。ヴォーカルは好きなタイプのロブ・ロックだから言うことなし。メロディラインやコーラス部分でそれとわかるロブロック節と呼べる個性を持っていると思う。実はこのアルバムを皮切りに、過去作品に遡りながら、何作か追いかけてみました。ロブ・ロックがヴォーカルを担当するアルバムに関して言えば…前述の特徴は特にスピードチューンで気持ちいいんだけども、2枚、3枚と聴いていくと、パターンが少ないと言うか、同じような曲調が多いことに気付きます。そもそもクリスの作曲能力に問題があるのでしょう。似たような曲を提示されたらほぼほぼ似たようなメロディラインになっちゃうもの。強力なギターとヴォーカルが揃っているのにイマイチ感が漂ってしまうのが歯痒いですが、このアルバムは好きです。



#1540 / STAND IN LINE / 1988

★★★★

Impellitteri stand in line (320x320)

パット・トーピー関連をもう1枚。コレが初めてのメジャーな仕事でしょうか。さてIMPELLITTERIといえば、クリスとロブ・ロックの2枚看板で成立するバンドという認識ゆえ、コレより先に紹介したいアルバムがあるんだけどね、パットが叩いてるのはこのアルバムだけだから仕方ない。それでも話題性はバッチリでグラハム・ボネットが参加しております。RAINBOWやMSGやALCATRAZZのビッグネーム降臨!しか~し、そうなると本来のインペリテリではないんだね。RAINBOW時代の“Since You’ve Been Gone”(空耳で言うところの「信州林檎」、ラス・バラードの曲)をカバーしているのみならず、“Somewhere Over the Rainbow”まで飛び出す始末。しかもコレが5分を超える尺でビックリ。つまりグラハムに合わせた楽曲でRAINBOWみたいかなと。しかも相変わらず全編に亘って例の全力唱法だから聴き疲れが…。“信州林檎”は随分とヘヴィな仕上がりでオリジナルの良さをあらためて感じられるかな(笑) ついでに、長らく音程を外していると思っていたパートが忠実に再現されており…つまりは外れてなかったんだという発見もあったよ。パットと組んだベーシストはGIUFFRIAやQUIET RIOTHOUSE OF LORDSのチャック・ライトで、パット同様に今回限りでお役御免。グラハムも当然のように1枚で脱退しますが、2002年「SYSTEM X」で再降臨するのでした。



#2214 / SCREAMING SYMPHONY / 1996

★★★★

Impellitteri screaming symphony

前作「ANSWER TO THE MASTER」が気に入ったので、迷わず買った4thアルバムです。マイケル・ワグナーがミキシングを担当しました。キーボードが交代しているようですが、音楽性に影響なし。クリス・インペリテリとロブ・ロックのコンビによる前作の延長線上にあるネオクラシカル路線が貫かれています。ドラマーはケン・メリー。収録時間も前作同様、時代を逆行する短さ(約33分)で聴き疲れする前に聴き終えるシステム(笑) 確かなクオリティを提示しているのですが、同じ路線で2枚目となれば、ちょっとした新機軸がほしくなってしまう。♪限りないもの、それは欲望♪なのですよ。同じ路線というのは柔らかい言い回しであって、ぶっちゃけると似たような曲調が多いんだね。前作でも感じたし今回もそういう印象なので、同一パターンの曲が2倍になったということ。これは改善の余地ありです。まずギターリフに問題がありそう。この時点で似てるから。加えてロブ・ロックのサビメロ(特に一人ハモりパート)もワンパターンなのが弱点でしょう。そんな中、インギーとは似て非なるプレイが聴けるインスト”17th Century Chicken Pickin’”とか、文句なしのファストチューン”Rat Race”なんかを聴かされちゃうと、次回作への期待感が高まってしまうのでした。ギタープレイはインギーより好きです。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional