Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

DAVID GILMOUR

DAVID GILMOUR(UK/英)

#470 / DAVID GILMOUR / 1978

★★★★

David Gilmour (320x316)

ご存知PINK FLOYDのギタリストでヴォーカリストのファーストソロアルバムです。「ANIMALS」と「THE WALL」に挟まれた時期にリリースされました。最初にソロアルバムの製作にとりかかったのはブレーンのロジャー・ウォーターズだったらしく、それじゃオレたちも的なノリだったようです。ハードロックテイストなギルモア節が炸裂してます。PINK FLOYDのハードロックサイドはギルモアが担っていたということでしょうか。ソロ第2弾では円熟の演奏に変化してしまうのでこのスタイルはここでしか聴けません。メンバーはPINK FLOYD加入以前のバンドのメンバーだそうです。“Short and Sweet”はロイ・ハーパーとの共作。使ってるギターは例の黒ボディに白パーツのギルモアモデルなのかな?まだ普通のストラトだったかもね。クラプトンのレースセンサー・ストラト(黒)もいいけど、いい歳になってからギルモアが使ってるEMGストラト(赤)もいい。ジャケはヒプノシスとギルモアの共作みたいだよ。



#1302 / ABOUT FACE / 1984

★★★

David Gilmour about face (320x320)

多彩なゲストを迎えての第2弾ソロアルバム「狂気のプロフィール」です。ドラマーがジェフ・ポーカロ。他にはスティーブ・ウィンウッド、ジョン・ロード、ロイ・ハーパー等のクレジットがあります。前回のソロを出した後、フロイドとしては「ザ・ウォール」と「ファイナル・カット」をリリースしたわけですが…ロジャー・ウォーターズの個性が炸裂しすぎたアルバムだったために(笑)この間ロジャーと他のメンバー達の関係が悪化してしまいます。ロジャーがフロイド解散に動いたのがどのタイミングだったかは分かりませんが、当然ギルモアは察知したでしょう。ロジャー抜きでPINK FLOYDは存続できるのか!? でこのソロ作品というわけだ。良くも悪くもギルモアワールドが炸裂してる。現在まで続くギルモア的フロイドの音ですね。よってプログレと言うには物足りない。シドやロジャーのような明確なコンセプトが伝わってきません。全体が“Cruise”のような路線なら聴いてもいいけど…。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional