Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

CREATION

CREATION(JPN)

#195 / PURE ELECTRIC SOUL / 1977

★★★★

Creation pure electric soul (320x320)

プロレス・ファンなら誰でも知ってるザ・ファンクスの“スピニング・トー・ホールド”収録の3rdアルバムです。これはBOW WOWの“シグナル・ファイア”と合わせて日本のハードロック2大インストってことでいかがでしょうか。“トーキョー・サリー”なんかも思い出深い。どうやら当時エアチェックしたテープを聴いてたらしいね。ヤングジョッキー絡みじゃなければ、クリエイション特集とかで複数のアルバムからチョイスされてたかもしれない。全体的にはブルース色が強まっており、これは竹田さんの嗜好によるものでしょう。後に某ドラマの主題歌で売れたりもしましたが、あのザ・カーナビーツのアイ高野が加入したクリエーションとこのクリエイションは別モノと考えていいね。ハードロックから随分遠ざかった音楽になってしまいました。この前のアルバムにはフェリックス・パパラルディが参加したり、ライブではSANTANAやFLEETWOOD MACの前座を務めたりと、世界に誇る日本のロックバンドだったんだよ。この世界進出時のMOUNTAIN的ハードロック路線を突き詰めてほしかったけどね。BOW WOWの登場で心が折れたかな(笑)



#1372 / CREATION / 1975

★★★★

Creation (320x320)

これ以前にもニューロックのバンドとか、紫やコンディション・グリーンなんかも存在してたわけですが、この1stアルバムが日本のハードロックの幕開けってことで間違いなさそうだ。翌年のBOW WOWデビューはもっと衝撃的だったけど…。竹田和夫自身もニューロック時代からブルース・クリエイションで活躍していましたが、ハードロックって感じじゃない。日本に限った事じゃないけど、まだサイケロックからどっち方面に進もうかって時期だからね。このアルバムはハードロックしてる。英語の発音が日本人的なのはさておき、ツインギターがとにかく素晴らしい。ブリティッシュ・ハードロック…というかこのハーモニーは完全にWISHBONE ASHです。パクっていると言ってもいいでしょう(笑) 怪しげなハモり方まで酷似しておる。オープニングの“You Better Find Out”でいきなり炸裂します。その他は、尺が長め(これがまたASH的だったりする)で和風英語丸出しの“Lonely Night”や、“Phoenix”かよと突っ込みたくなる“Feelin’ Blue”でたっぷりとASH節が聴けます。“スピニング・トー・ホールド”が入ってるって理由で先に2ndを紹介した際、クリエイションは「立ちション」のやつでしょと師匠に言われて気が付いた。たしかにそうでした。このアルバムはエアチェックしたテープを持ってたよ。当時は“Tabacco Road”がお気に入りだったという記憶が蘇りました。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional