Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

APRIL WINE

APRIL WINE(Canada/加)

#14 / FIRST GLANCE / 1978

★★★★★★★

April Wine first glance (320x320)

知名度はメジャー級じゃなくてもいいものはいい。本国ではどういう扱いなのか知らないけど「カナダの至宝」と言っておこうか。ファン心理としては「オレだけが知ってるんだぜ」みたいな感じでむしろ得した気分!? トリプルギター体制がウリだったりするんだけどね、そうなったのは実はこの7thアルバムからだったりする。このバンドの特記事項としては、バラード系の秀逸さを挙げないわけにはいきません。とにかく美しい。歌声も曲も美しい。それはもうハードロックバンドってのを忘れてしまうほど。このアルバムだと“Rock N Roll Is a Vicious Game”がそれに当たるのかな。とにかくこの時期のアルバムには必ず1曲は名バラードがある。バンドの中心人物(ワンマンバンドでしょ)Vo&Gのマイルス・グッドウィンの声が好きだな~。RIOTのガイ・スペランザと共通の鼻にかかった例のアレですな。グレン・ヒューズなんかも同じカテゴリーだ。どうやらお気に入りのヴォーカリストには、含有量の差こそあれだいたいこの要素があるみたい。このバンドは師匠経由で知りました。例にって何かメインのアルバムを録ってもらったテープの余りに数曲入っていたんだと思う。アルバムとしては5th「THE WHOLE WORLD’S GOIN’ CRAZY」とコレだったかな。このアルバムからは“Roller”(トリプルギターの掛け合いあり)と“Silver Dollar”(こちらもツインギターの上にリードギターが乗っかる)をコピーしてるし、そういう想い出も含めてのイチオシです。“Right Down to It”も好きだったね。オープニング曲のエフェクトがかかったベースもファンキーで良い。深めのリバーブもマイルスの声を引き立てる。一生聴き続けるアルバムですね。



#82 / THE WHOLE WORLD'S GOIN' CRAZY / 1976

★★★★★★★

April Wine the whole world's goin' crazy (320x320)

本国では有名だと思われるバンドです。何しろこの5thアルバムはカナダで1位を獲得しているらしいから。我々世代だとRUSHやTRIUMPHとともに真っ先に思い浮かぶカナディアン・バンドですね。そういえばこのアルバムには同郷のフランク・マリノ(MAHOGANI RUSH)が1曲ゲスト参加してますな。まだトリプルギター体制じゃないんだね。個人的には7th『FIRST GLANCE』とこの5thがとくに想い出深い。まだモンスターズ・オブ・ロックに出演する前だね。出演後にはアメリカでの知名度も確実に上がりました。ロックンロール系の楽曲もいいけれどミッドテンポの楽曲に独特のウネリがあるところが味噌。ブリティッシュなんだろけど、ここは敢えてカナディアンと言っておきましょう。持ち味のバラード系には痺れまくりです。このアルバムでは2曲、“Wings of Love”と“Like a Lover, Like a Song”ですよ。どちらも甲乙つけがたい名曲だ。当時よく聴いてたからね、聴けばあっという間に高校時代にタイムスリップさ。ちなみにUS盤には“Marjorie”も収録されてるんだよ。これまたバンドを代表する名バラードだから実に美味しい。このアルバムからはオープニング曲の“Gimme Love”をコピーしたね師匠。あまり上手くいかなかったと記憶している。独特のノリが難しかった。その他“Rock n’ Roll Woman”や“Shotdown”も大好きです。ラスト2曲の“Kick Willy Road”とタイトルチューンはファニーな楽曲でこれまたグッド。こういうアルバムの締めくくり方もいいですな。やっぱ7thと甲乙つけ難い名盤ですね。これまた一生聴き続けることでしょう。



#213 / THE NATURE OF THE BEAST / 1981

★★★★★

April Wine the nature of the beast (320x320)

ハードな曲が増した印象ありの過渡期の9th。ギターの音が変わったからかもしれない。TRIUMPHの『ALLIED FORCES』同様、メタルブームに乗っかった音づくりなんでしょう。でもこれはこれで素晴らしい。一番売れたんじゃない。一般的に見ることができる映像はこのアルバムの曲が多いもんね。(映像といえば…例のあの風変わりなドラムソロが思い出される。今はDVDを持ってるけど、初見は師匠が持ってきたビデオテープでしたな)なんだかんだで結局よく聴いた。このアルバムは数曲コピーした記憶があるけど…どれだっけ?“Sign of the Gypsy Queen”と“Just Between You and Me”と“Wanna Rock”と“Future Tense”と“Crash and Burn”で正解?



#485 / POWER PLAY / 1982

★★★★

April Wine power play 2 (320x320)

この頃もまだまだ入れ込んでた10thアルバム。徐々に好みから外れてきたとは思いつつ、貸しレコード屋さん全盛期だったから聴いてましたね。このアルバムからは“Doin’ It Right”をコピーしました。どれくらいの完成度だったかは記憶にございませんが、歌詞はしっかり覚えてるからね。シングルカットされたのは“Enough Is Enough”とBEATLESの“Tell Me Why”のカバー。カバーを収録するのはアイデアの枯渇でしょうか。やはり失速感は否めないね。この時期には珠玉の名バラードも見当たらなくなります。“If You See Kay”はマイルスの作品じゃないし…どうしたマイルス!というわけで個人的には次のアルバムで見切りをつけることとなりました。



#639 / FOREVER FOR NOW / 1977

★★★★★

April Wine forever for now (320x311)

大好きな「THE WHOLE WORLD’S GOIN’ CRAZY」と「FIRST GLANCE」に挟まれた6thだからして当然外すわけにはいかないのだけれど、何しろ先の2枚が傑作すぎるもんだから、全体的には物足りなさを感じるのは仕方ないと思うし、ジャケが味気ないのにも目を瞑ろう。そんなのは些細な事だと思わせてしまう名曲が入ってますから!そ・れ・は…もちろんアルバムのラストを飾る名曲“Marjorie”だね。“Wings of Love”や“Like a Lover, Like a Song”と並ぶ同バンドのバラードの傑作ですよ。APRIL WINE3大バラードの一つと言っておこうか。この1曲だけで☆5つ献上いたします。ホントにいい曲だな~。好きやわ~。ちなみに5th「THE WHOLE WORLD’S GOIN’ CRAZY」のUS盤を買えば3曲全部収録されてるのでお勧めだよ。



#849 / HARDER…FASTER / 1979

★★★★

April Wine harder

アメリカで認知されるきっかけとなった8th。Monsters of Rockに収録されて知名度を上げた“I Like to Rock”がこのアルバムに入っているからなのさ。この曲自体はどうってことないと思うけどね。過去の作品の中にはもちろんのこと、この後の作品の中にだってもっともっといい曲がたくさんあるっつーの。Monsters of Rock恐るべしってことだな。次の「NATURE OF THE BEAST」でバンドのピークを迎える前夜祭的な位置づけだから聴いておかないとね。ラストでは…なんとクリムゾンの“21世紀の精神異常者”をカバーしてますよ。小難しいことをサラリと演っちゃってるあたりテクも間違いなしと。キメのフレーズもビシッと合ってるもんね。流石です。ジャケはダサい。



#1014 / STAND BACK / 1975

★★★★

April Wine stand back (320x320)

デビュー当時(1st~3rd)のAPRIL WINEは未聴なので、知ってるアルバムの中ではこの4thがいちばん古いモノになります。コレを聴く限り…遡る必要はないのかなと。オープニングからの3曲くらいは間もなく花開く曲(“Marjorie”とか)の原型という感じで良いのですが、後が微妙なんだね。バンドの方向性を探ってる状態か?ジム・クレンチ(2nd~4thまで在籍したベーシスト兼ヴォーカリストで後にBTOに参加して90年代に出戻る)が歌っていると思われるファンキーな曲とかボレロ調の曲とか…いまいちパッとしないわけよ。1曲目もジムの作品でヴォーカルも担当してるみたいなんだけどね、マイルスの声じゃないからCDを入れ間違えたのかと思ったもの。この曲だけ聴かされたらAPRIL WINEだとは思わないよね。



#1162 / ANIMAL GRACE / 1984

★★★★

April Wine animal grace (320x320)

すっかり熱が冷めてしまった11thアルバムです。オープニングの“This Could Be the Right One”がリーダートラックってことでいいかな。序盤は産業ロックと言っても差し支えない美しさ重視の楽曲が続きます。中盤から思い出したように「THE NATURE OF THE BEAST」的なサウンドになるんだけどね。歌メロも本来の持ち味がそこそこ出てます。しかし、コレでは納得しないわけですよ。マイルスが歌ってるから救われてるって感じ。時代に乗り遅れまいと売れ線を狙ったんだね。まあそんなわけで、これ以降のアルバムは未聴でございます。どうせなら同じく未聴の1st~3rdに期待したいところですが…安くないのよね~。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional