Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

得をしたのは誰?

得をしたのは誰?

「ナルト」と「サスケ」と「サクラ」の三人で数学の問題に挑戦しました。その結果…
◆「サスケ」は1分で正解。
◆「サクラ」は1時間粘ってなんとか正解。
◆「ナルト」は5秒であきらめました。
この時点で学力の高い順に並べると
「サスケ」>「サクラ」>「ナルト」となりますが
この問題でいちばん得をしたのは「サクラ」です。
「サスケ」はできる問題を確認しただけなので現状維持ですが「サクラ」はたくさん頭を使い、達成感も得ました。
これを何度か繰り返すうちにどうなるかはご想像どおりです。
「サクラ」は「サスケ」に追いつき、追い越します。
「サスケ」のように中途半端にできる子の成績が伸びにくいのは、難しい問題を避けて、できる問題だけ解いて満足しているからです。
一方「サクラ」は、今のところ学力は低いながらも、粘ることができる子なので間違いなく伸びます。
要するに…堪え性がないと学力は上がらないということです。
忘れるところでしたが「ナルト」は論外だということも一応付け加えておきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional