Stop thinking you can't do things and start thinking you can. Your future is whatever you make it, so make it a good one.

中川イサト

中川イサト(JPN)

#103 / 1310 / 1977

★★★★★★★★

中川イサト 1310 (320x320)

オールインストゥルメンタルのアコースティックギターアルバム「1310(イサト)」です。ポケベルか!?(古っ) 個人的には、インストなのに全く飽きない癒し系という位置づけで、今でも定期的に聴きたくなってしまいます。何度聴いたことやら…。高校時代、演劇部の先輩にレコードを借りて…数年前30年の時を経てやっと返却することができたというエピソードも込みなんだよ。CDを買って以来アナログ盤の存在をすっかり忘れてしまっていたし、その先輩に会う機会も全くなかったからね、長く生きてりゃ色んなことがあるっていい例だね。今さらアナログ盤を返されたところでレコードプレーヤーが使える環境にあるのかどうかわかりませんが、高橋先輩、長らくありがとうございました。その後ヤフオクでスコアも手に入れたんだが…その時は気合が入ってたのに…結局ちょっとだけコピーしてそれっきりになってる。せめて1曲くらいはモノにしたいよね。聴くぶんにはとても素晴らしいアコギアルバムですが、弾くとなると難しい。弾きたい曲はさておき、まずはスローテンポの楽曲からリトライしてみましょうか。ちなみにイサトさんは昔のフォークシンガーのバックなんかにちょいちょい参加してるんだよ。そういう路線のイサトさんの歌入りアルバムも持ってますが…ほとんど印象にないんだね。久しぶりに聴いてみようか。



#1147 / お茶の時間 / 1973

★★★★

中川イサト お茶の時間 (320x313)

歌モノにも朴訥とした味わいがあるけれど、まあ可もなく不可もなくといった感じ。歌詞も素朴な風景描写が中心だ。関西アングラフォーク人脈の中で楽器が上手という点において異色の存在でしょうね。アメリカのカントリーミュージックを本気で勉強した感が漂ってます。だから、どうしたってギタープレイに注目してしまう。つまりギタリストってことなんだね。真骨頂の4曲のインストには後の「1310」に繋がるものが確かにある。“750cc Rag”(ナナハンラグ)は流石のフィンガーピッキングが炸裂してます。弾けたら気持ちよさそうだけど…コピーしたくなってコピーしてみるけど挫折する光景が目に浮かぶ(笑) ゲストに細野晴臣や中川五郎の名前あり。



#1310 / 黄昏気分 / 1975

★★★★

中川イサト 黄昏気分 (320x320)

五つの赤い風船出身のフィンガーピッカーの草分けによるのこの3rdソロは、前作よりアコギが強調されていてグッドだと思います。テクニックの向上に伴う結果と推察されます。本人に明確なヴィジョンがあったかは分かりませんが、ギターインストアルバム「1310」製作に向っての自然な流れという気がする。その「1310」にも収録された“六番街Rag”の最初のバージョンが聴けます。完成形はアコギとバンジョーでしたが、こちらはアコギとフィドル。ラフな仕上がりで…コレはコレでいいね。ちなみに今回のインストは4曲でした。歌モノもギターのおかげで安っぽく聴こえないところがイサト先生の真骨頂。バンドを従えた“汽車汽車急げ”は陽水の“氷の世界”や“夕立”みたいで微笑ましいです。今回も細野晴臣のクレジットあり。西岡たかしの名前もあるけど、どの程度貢献しているかは不明。



バンド名検索

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional